4度の破産から這い上がった逆転投資 – ジェシー・リバモアの投資手法と格言 – 株式投資

    ジェシー・リバモアは、壮絶な人生を歩んだ投資家として知られています。
    リスクの高い大胆なトレーディングによって、巨額の利益を上げ、大恐慌の引き金になったとも言われています。

    ジェシー・リバモアは、「破産を4回も繰り返すが、破産から再び富を築くことに成功している人物」です。
    そして、「世界大恐慌を引き起こすきっかけとなった『暗黒の木曜日』を予想して空売りを行い、1億ドル近くの利益を上げたこと」は伝説になっています。

    そして、幾度もの破産から復活して大勝利を収めたものの、最後はピストル自殺で人生を終えるという、壮絶な終幕で人生を終えます。

    今なお、ジェシー・リバモアの「ドラマティックな生涯」と、「投資に対する考え方」はトレーダーたちに多大な影響を与えています。

    本記事では、ジェシー・リバモアの投資手法や経歴、彼が遺した名言などについて、詳しく紹介していきます。

    目次

    ジェシー・リバモアの生涯​

    biog-jesse_livermore_2

    出典:The Duomo Initiative

    貧しい移民の子

    ジェシー・リバモアはマサチューセッツ州で貧しい移民の家庭に生まれました。
    そして、農業を継がせようとした父に反発し、14歳で家を飛び出します。

    家を飛び出した後は、ボストンの株仲買店の小僧となります。
    15歳の時には、差金決済取引の原型となる「バケット・ショップ」で勝ち続けました。

    投機家としての才能を開花させていきました。

    半年で破産する

    ジェシー・リバモアが20歳の頃、ニューヨーク証券取引所で実際に株式投資を始めます。
    しかし、わずか半年程度で破産しています。

    すぐに復活し、1901年の強気の相場に乗り、5万ドル(約20億円)の資産を作りました。

    ですが、5年後の1906年には、空売りに失敗し2度目の破産します。

    復活して億万長者になる

    1906年には、サンフランシスコ地震が起こります。
    その前日にジェシー・リバモアは、ユニオンパシフィック鉄道において、大規模なショートポジションを取り、25万ドルの利益を上げました。

    1907年には100万ドルの資産を作ります。

    不死鳥のごとく蘇る

    その後は、コットン市場に参入します。
    しかし、買い占めに失敗し、1915年には3度目の破産を経験します。

    それでも、ジェシー・リバモアは不死鳥のごとく蘇ります。

    1929年の「暗黒の木曜日」を予想して、空売りを仕掛けます。

    大量のショートポジションによって利益を上げます。
    更に、その翌日には大暴落した市場で株を買い戻します。
    結果的に、1億ドル(約4000億円)以上の利益をあげました。

    そのような実績から、「ウォール街のグレートベア」と呼ばれるようになりました。

    破産・復活・結婚・離婚の繰り返し

    しかし、1934年には4度目の破産を経験します。

    ジェシー・リバモアの生涯は「破産・復活・結婚・離婚」の繰り返しです。

    人生で実に、3回の結婚を経験しています。
    金と女性に翻弄され続けた人生ともいえます。

    1939年には、ファイナンシャルアドバイザリーのビジネスを開始し、テクニカル分析システムを販売しました。

    その頃、息子であるジェシー・ジュニアから本を書くよう提案され、「リバモア流投機術」を出版します。

    しかし、当時は第二次世界大戦の中。
    株式投資への人々の関心度は低く、あまり売れなかったようです。

    1940年、ジェシー・リバモアはピストル自殺して、この壮絶な人生を終えました。

    ジェシー・リバモアの投資手法と実績

    image (2)

    ジェシー・リバモアの投資手法について解説します。

    スキャルピング 超短期売買取引

    ジェシー・リバモアの投資手法は、時代に合わせて変わっていきます。

    初期の手法はスキャルピングと呼ばれる超短期売買取引です。

    ジェシー・リバモアは、バケットショップというマーケット外の賭博に似た取引を行います。
    そこで、1,000ドルの資金を作ったことが投資家としての始まりでした。

    しかし半年足らずで大失敗し、1度目の破産をしています。

    トレンドフォロー型

    ジェシー・リバモアは1度目の破産後、スキャルピングで再起を図ります。
    しかし、徐々にトレンドフォロー型のトレードスタイルに変えていきました。

    ・ 株価が上昇したら買い、下落したら売りをしかけるスタンダードな順張り手法
    ・ 明確な形が来るまでエントリーは控え、ここぞというときに仕掛ける
    ・ 相場全体や銘柄のどちらについてもトレンドを確認する

    という、至極真っ当なトレードに対する考えを持っています。

    「相場が一つの方に向かいすぎている」と判断すれば、恐れず逆張りする胆力も持ち合わせており、空売りをして利益を上げたことが知られています。

    (以下、PRを含みます)

    ジェシー・リバモアの投資の格言

    ここからはジェシー・リバモア氏の格言を紹介します。

    • 最高の利益は最初から利益を示す取引から作られる

    • 株には人間と同じように特徴や個性がある。


       出典:ジェシー・リバモア『リバモア流投機術』

      人間のように神経質な動きや、素直な動きなど、株によって個性があり、観察を続けることで、その個性を理解でき、値動きを予測することに繋がると述べています。

    • 〝希望を持つこと〟と〝恐れを抱くこと〟はともに人間の特性ではあるが、投機というビジネスに希望と恐怖を持ち込めば、極めて恐ろしい危険に直面することになる。


       出典:ジェシー・リバモア『リバモア流投機術』
    • 投資や投機で成功するには、ある銘柄にこの次どんな重要な価格変動が起きるかについて、自らの見解を持っていなければならない。


       出典:ジェシー・リバモア『リバモア流投機術』

      投機というものは、価格変動を予測することであり、予測精度を高めるには自らが導き出した明確な根拠を持つことが重要だと述べています。

    ジェシー・リバモアを詳しく知る方法​

    ジェシー・リバモア氏について更に深く知るための書籍を紹介します。

    リバモア流投機術

    リバモア氏が亡くなる1940年に、自身の手で書かれた唯一の書籍です。
    リバモア氏の投資手法や相場哲学、リスク管理手法が記されています。

    世紀の相場師 ジェシー・リバモア

    リバモア氏の生涯を描いた書籍です。
    彼の人生からは、投資哲学だけでなく、人生哲学も考えさせられることでしょう。

    まとめ​

    ジェシー・リバモアは、ウォーレン・バフェット氏のように、企業の成長に投資するようなスタイルの投資家ではありません。

    相場に勝つことが目的であって、投資家というよりは投機家の側面が強い人でした。

    果敢に相場に挑戦し、勝利と敗北を繰り返したジェシー・リバモア。

    今なお、多くの人々が、その生き様に魅きつけられています。

    また、壮絶な人生とは対象的に、ジェシー・リバモアの投資手法は、現代にも通じるスタンダードな教えです。
    これが、今なお人気が高い理由だといえます。

    参考資料

    目次