三井住友海上キャピタル -投資動向

投資先

85社以上
(2017年度末の保有株数)

EXIT実績 

38社以上
(2001年以降のIPO数)

主な投資分野

インターネット関連、製造業、バイオテクノロジーなどの幅広い業種

設立年度

1990年

株主

三井住友海上火災保険株式会社

投資方針(理念)

グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えます(三井住友海上の経営理念に基づいた投資)

URL

2019年6月時点

会社概要と投資方針

大手保険企業である三井住友海上グループのベンチャーキャピタルであり、設立後30年近くの歴史があります。グループのリソースを活用し、投資先の成長支援のためにビジネスマッチングから、事業計画などの支援、専門家の紹介、資本提携・M&A支援、上場準備支援などが行われます。

2017年度末の金額ベース投資先は、インターネット関連が57%、製造業が28%を占めています。代表挨拶にも、インターネット関連を中心に投資が行われていることが示されています。ステージ別投資では、アーリー/スタートアップが42%、ミドルが21%、レイターが37%を占めており、幅広いステージのベンチャー企業へ投資が行われています。

投資先一例

株式会社エイシング


株式会社エイシング

Screenshot of aising.jp

https://aising.jp/

【創業年】
2016年12月
【資本金(準備金含む場合有)】
1億円
【本社所在地】
東京都港区
【主な資金調達額(総額)】
約5億円
    【資金調達先】
三井住友海上キャピタルなど
 情報確認:2019年11月,  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000026145.html

【事業・サービス】
岩手大学発ベンチャー。機器単体がクラウドを介することなくリアルタイムに自律学習・予測することが可能な独自のAIアルゴリズム「DBT」を提供

【理念・ミッション】
メッセージ:”エッジAI”が起こす変革

【関連ニュース (GoogleNews 会社名検索)】

  • 世界総勢10万チームのうち、わずか125チームしか出場できないプログラミング技術の世界大会『ICPC 2020 World Finals』に当社社員所属の会津大学競技プログラミング部が出場決定:時事ドットコム - 時事通信-2020.04.07
  • エッジAIのアルゴリズムを提供する「エイシング」が4億円調達 - 創業手帳-2020.03.24
  • 横浜のサーキュラーエコノミーを加速させる「Circular Yokohama」がオープン - THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE-2020.03.23


  • リノベる株式会社


    リノベる株式会社

    Screenshot of renoveru.co.jp

    https://renoveru.co.jp/

    【創業年】
    2010年4月
    【資本金(準備金含む場合有)】
    4.9億円
    【本社所在地】
    東京都渋谷区
    【主な資金調達額(総額)】
    約40億円
        【資金調達先】
    三井物産、グロービス・キャピタル・パートナーズ、東急、リンクアンドモチベーション、静岡銀行、三井住友海上キャピタル、Vector Group International Limited、NTT都市開発など
     情報確認:2019年11月,  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000049400.html

    【事業・サービス】
    テクノロジーを使い、リノベーション・プラットフォーム事業、マンション・戸建てのリノベーション、一棟リノベーション・店舗・オフィス・商業施設の設計施工及びコンサルティング

    【理念・ミッション】
    ミッション:日本の暮らしを、世界で一番、かしこく素敵に。

    【関連ニュース (GoogleNews 会社名検索)】

  • 『在宅勤務をもっと快適に!』ワンコイン&自宅で受けるインテリアコンサルティングサービス開始 - PR TIMES-2020.04.10
  • 広島2店舗目となる「ワンランク上の体感型ショールーム」『リノベる。広島 並木ショールーム』4月8日(水)来場予約開始、4月26日(日)プレオープン - PR TIMES-2020.04.08
  • リノベる ワンストップ・リノベーション特化型CRMシステム開発へ - PR TIMES-2020.03.31


  • tripla


    【概要】
    旅行業に特化したチャットサービスと予約システム提供

    【事業内容】
    ホテル、旅館、レンタカー、鉄道、飲食店、アクティビティなどの法人に対して、自社ホームページ上でお客様からの質問へ自動回答するAIチャットサービス、自社ホームページからの予約システムの開発・提供

    【設立年度】
    2015年4月

    【従業員数】
    36人

    【URL】

    Home

    【主な資金調達額】
    約6億円

    【主な投資会社】
    三井住友海上キャピタル, イノベーション・エンジン, リード・キャピタル・マネージメント,CSAJスタートアップファンド,CSAJスタートアップファンド,JR東日本スタートアップ,ハックベンチャーズ,Kips,ラクス

    【引用】
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000019447.html
    (情報確認日:2019年6月)



    バルス


    【概要】
    xRTechコンテンツの企画・製作・運営

    【事業内容】
    エンタテインメント業界などへ、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、MR(複合現実)、SR(代替現実)などのコンテンツを企画・制作・運営

    【設立年度】
    2018年

    【従業員数】
    25人

    【URL】

    【主な資金調達額】
    約3.5億円

    【主な投資会社】
    GMOベンチャーパートナーズ,三井住友海上キャピタル

    【引用】
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000034713.html
    (情報確認日:2019年6月)



    フリークル


    【概要】
    SFのような世界を描き “カタチ” にする音声ソリューション開発企業

    【事業内容】
    聴覚サポートウェアラブルデバイス「αble」(エイブル)の開発、知的財産のライセンス提供

    【設立年度】
    2017年4月

    【従業員数】
    3人

    【URL】
    https://freecle.co.jp

    【主な資金調達額】
    不明

    【主な投資会社】
    三井住友海上キャピタル

    【引用】
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000025549.html
    (情報確認日:2019年6月)




    FullDepth


    【概要】
    水中ドローンなどの水中を可視化するソリューションを提供する筑波大学発スタートアップ

    【事業内容】
    海洋建設会社や漁業関係、研究機関などに対して、水中ドローンの開発・販売および、水中調査・レンタルを提供

    【設立年度】
    2014年6月

    【従業員数】
    14名以上

    【URL】

    Home

    【主な資金調達額】
    約3.4億円

    【主な投資会社】
    Drone Fund, Beyond Next Ventures, 三井住友海上キャピタル, 筑波総研

    【引用】
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000024434.html
    (情報確認日:2019年6月)



    iCARE


    【概要】
    健康労務の自動化クラウドの開発運営

    【事業内容】
    現役産業医が代表を務め、人事・労務向けの自動化ソフト、産業医・保険師向けの健康管理システムを開発・運営

    【設立年度】
    2011年6月

    【従業員数】
    33人

    【URL】
    https://www.icare.jpn.com

    【主な資金調達額】
    約8.6億円

    【主な投資会社】
    グローバル・ブレイン, Beyond Next Ventures, みずほキャピタル, SMBCベンチャーキャピタル, 三井住友海上キャピタル

    【引用】
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000022826.html
    (情報確認日:2019年6月)



    株式会社A.L.I. Technologies


    株式会社A.L.I. Technologies

    Screenshot of ali.jp

    https://ali.jp/


    【創業年】
    2016年9月
    【資本金(準備金含む場合有)】
    23.6億円
    【本社所在地】
    東京都港区
    【主な資金調達額(総額)】
    約23.1億円
        【資金調達先】
    西部ガスグループ、SGインキュベート、ふくおかフィナンシャルグループ、三井住友海上キャピタル、オプトベンチャーズ、JR西日本イノベーションズ、トラスト・テック、京セラ、サファイア・キャピタル、新生企業投資、合同会社テックアクセルベンチャーズ、日本アジアグループ、ちばぎんキャピタル、三菱電機、三菱日立パワーシステムズ、山梨中央銀行グループなど
     情報確認:2019年11月,  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000032209.html


    【事業・サービス】
    エアーモビリティ事業、ドローン・AI事業、演算力シェアリング事業
    量産型ホバーバイク、オリジナルドローンの開発、無線給電システムやAIによる管制システムなどのプラットフォーム、3Dレンダリング用途の画期的なクラウドレンダリングサービスなど

    【理念・ミッション】
    次世代のインフラ企業となる

    【関連ニュース (GoogleNews 会社名検索)】