SXキャピタル -投資動向

投資先

16社以上
(※同社ホームページ ポートフォリオより)

EXIT実績 

8社以上
(※同社ホームページ ポートフォリオより)

主な投資分野

未公開IT関連ベンチャー企業

設立年度

2000年
(※2016年に社名変更)

運営会社

経営陣、株式会社シグマクシス

投資方針(理念)

ワクワクする未来を育てたい。

URL

2019年6月時点

会社概要と投資方針

2016年に役職員等によるマネージメント・バイアウト(MBO)が行われ、社名が株式会社インテック・アイティ・キャピタルから株式会社SXキャピタルへと変更されたベンチャーキャピタルです。代表取締役である近藤秀樹氏は日興証券・日興キャピタルを経て、前身であるインテック・アイティ・キャピタルの代表ととなりました。株主であるシグマシクス社は2016年に同社と資本・業務提携を開始しました。東証一部に上場している新興コンサルティング会社であり、年々売上・利益とも増進している成長企業です。

主にITを使ってビジネスを行う企業が投資対象であり、AIや介護領域、不動産領域などの様々な企業に対して投資が行われています。ホームページでは「社会の仕組みすら変えてしまうようなワクワクするビジネスを一緒に育てていきたい」と掲げられています。経営戦略から経理財務オペレーションまで、SXキャピタルおよびコンサルティング企業であるシグマクシスを通して支援が行われます。

投資先一例

Empath


【概要】
音声から気分状態を可視化するAIを利用し、メンタルヘルス対策やマーケティング等に役立つアプリケーションを開発

【事業内容】
音声から喜怒哀楽を解析する音声感情解析APIの開発、音声感情解析AIによるアプリケーションの開発

【設立年度】
2017年10月

【従業員数】
13名

【URL】

トップページ

【主な資金調達額】
約3.2億円

【主な投資会社】
Empath, SXキャピタル, SBIインベストメント

【引用】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000030514.html
(情報確認日:2019年6月)



ウェルモ


【概要】
AI・ICTを通して介護向けの地域資源プラットフォームの構築

【事業内容】
利用者のニーズに対応した介護サービスの提案を実現するための、介護地域資源プラットフォームの構築

【設立年度】
2013年4月

【従業員数】
96名

【URL】
https://welmo.co.jp/

【主な資金調達額】
約4.5億円

【主な投資会社】
フェムトパートナーズ,アイ・マーキュリーキャピタル,SXキャピタル

【引用】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000018462.html
(情報確認日:2019年6月)



スタートバーン


ブロックチェーン技術を用いてアート市場を拡大

【事業内容】
アート流通・評価のアートブロックチェーンネットワークの運営、コンサルティングなど

【設立年度】
2014年3月

【従業員数】
15人

【URL】
http://startbahn.jp

【主な資金調達額】
約3.1億円以上

【主な投資会社】
SBIインベストメント, UTEC,SXキャピタル,株式会社電通

(情報確認日:2019年6月)