数字で見る世界経済と社会状況


Home  -  数字で見る世界経済と社会状況 2021年

2021年の世界のGDP・物価指数・労働調査結果などの、様々な世界の経済指標や社会指標の数値をまとめました。
世界の経済の状況や社会の変遷について読み解く手掛かりになる、様々な数値を掲載しています。
今後の社会や経済方針の見通しや、株価や為替・コモディティ価格の変動にも関係のある数値になります。
日本の数値は「数字で見る日本の経済と社会」に掲載しています。

数字で見る日本経済と社会状況 2021年世界の主要会議とイベント過去の世界イベントや国際問題(今年)数字で見る日本経済と社会状況 2020年
  

2月に公表された経済指標や社会指標

  • +7.2%   G20 - 輸出 前期比  10~1月
    • G20の2020年第4四半期の輸出は7.2%増、輸入は6.8%増
    • 小麦の輸出サプライチェーンのストライキがあったアルゼンチンを除き、G20経済は成長
    • 貿易成長の強力な推進力は中国であり、アジア・オセアニアでは、オーストラリアと日本は第4四半期に強い成長を遂げた
    • フランス、ドイツ、イギリスなどのヨーロッパ諸国、ブラジルやカナダは強い成長を記録した

    出典:経済協力開発機構【OECD】 - https://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=MEI_TRD


  • 6.9%   経済協力開発機構【OECD】 - 失業率  12月
    • OECDの失業率は6.9%であり、2020年2月から1.7ポイント上回っている
    • 若者の失業率(15〜24歳)はわずかに上昇して14.4%
    • ユーロ圏では8.3%、アメリカは6.7%
      2021年1月のデータによると、アメリカでは0.4ポイント低下(6.3%)したが、カナダでは上昇(9.4%)している
    • 日本は2.9%、韓国は4.6%、オーストラリアは6.6%

    出典:経済協力開発機構【OECD】 - https://data.oecd.org/unemp/unemployment-rate.htm


  • +0.13%   経済協力開発機構【OECD】 - 景気先行指標(CLI) 前月比  1月
    • アメリカ、日本、ドイツ、フランス、イタリアを含むユーロ圏全体で安定した成長を示し続けている
    • イギリスのCLIは、依然として減速を示している
    • 新興経済国の中では、中国の製造業、インド、ブラジルのCLIは着実な成長を示しており、ロシアではCLIが安定した成長を示し続けている

    出典:経済協力開発機構【OECD】 - https://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=MEI_CLI


  • +0.6%   経済協力開発機構【OECD】 - 世帯収入 前期比  7~10月
    • OECD諸国の第三四半期の世帯所得は+0.6%

    出典:経済協力開発機構【OECD】 - https://stats.oecd.org/index.aspx?queryid=68307


  • +1.2%   経済協力開発機構【OECD】 - インフレ率 前年比  12月
    • OECD諸国の12月のインフレ率は+1.2%
    • 食品とエネルギーを除くと+1.6%
    • エネルギー価格は-6.5%
    • 食品価格は+3.2%

    出典:経済協力開発機構【OECD】 - https://www.oecd.org/sdd/prices-ppp/



 

1月に公表された経済指標や社会指標

  • +5.5%    - 世界経済見通し 前年比  2021年
    • 2020年は-3.5%、2021年を+5.5%、2022年を+4.2%

    出典:国際通貨基金【IMF】 - https://www.imf.org/ja/Publications/WEO/Issues/2021/01/26/2021-world-economic-outlook-update


  • 6.9%   経済協力開発機構【OECD】 - 失業率  11月
    • OECDの失業率は10月の7.1%から6.9%に改善したが、2020年2月から1.7ポイント上回っている
    • 4,550万人が失業しており、2月よりも1,070万人多い
    • 11月のユーロ圏の失業率は10月の8.4%から8.3%に低下
    • 11月の一時解雇者数が減少した米国とカナダでは、11月の失業率は0.2と0.4ポイント低下して6.7%と8.5%
    • 12月の直近のデータによると、米国は6.7%だが、カナダでは若干増加して8.6%となった
    • 11月の失業率は日本では2.9%に改善

    出典:経済協力開発機構【OECD】 - https://data.oecd.org/unemp/unemployment-rate.htm

  • +0.19%   経済協力開発機構【OECD】 - 景気先行指標(CLI) 前月比  12月
    • 米国、日本、ユーロ圏全体のCLIは引き続き安定した成長を示している
    • カナダのCLIは着実に改善しているが、英国ではCLIが引き続き減速を示している
    • 新興経済国の中で、ブラジルと中国の製造業のCLIは着実な増加を示し、インドとロシアのCLIは安定した成長を示している

    出典:経済協力開発機構【OECD】 - https://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=MEI_CLI


  • +1.2%   経済協力開発機構【OECD】 - インフレ率 前年比  2020年
    • OECD諸国の年間インフレ率は+1.2% (前月:+1.2%)
    • 食品とエネルギーを除くと+1.6% (前月:+1.6%)
    • エネルギー価格は-8.1% (前月:-7.7%)
    • 食品価格は+3.3% (前月:+3.6%)

    出典:経済協力開発機構【OECD】 - https://www.oecd.org/sdd/prices-ppp/



  • 4%   世界 - 経済の見通し GDP成長率  2021年
    • 2021年のグローバル経済の成長率見通しは4%の拡大
    • GDP成長率見通しは、アメリカで3.5%、ユーロで3.6%、日本は2.5%
    • 中国は5%、インドは5.4%、南アフリカは3.3%

    出典:世界銀行 - https://www.worldbank.org/ja/publication/global-economic-prospects

  • 12.5億euro    - 観光グループへの支援  
    • レジャー観光グループであるTUI AG(TUI)の資本増強に最大12億5,000万ユーロを拠出するドイツの計画を承認

    出典: - https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/ip_21_7

 
数字で見る日本経済と社会状況 2021年世界の主要会議とイベント過去の世界イベントや国際問題(今年)数字で見る日本経済と社会状況 2020年

Home  -  数字で見る世界経済と社会状況 2021年


当サイトの関連記事

2020年 世界の主要会議と国際イベント、各国選挙

2021/01/01

エネルギーやコモディティの需要供給の比較と推移

2020/08/25

これだけは抑えたい主要国の経済指標の比較と推移

2020/08/25

世界情勢を知る英語ニュース動画チャンネル10選

2020/06/30

世界の国一覧  国連や国際共同体などへの加盟状況

2020/04/12

世界の国一覧  人口・国土面積・GDP・ISOコード

2020/03/29

グローバルリーダーのスピーチや対談の英語動画チャンネルまとめ

2020/01/09

株式投資や投資家の動向の英語動画チャンネルまとめ

2020/01/09

社会やテクノロジーの英語動画チャンネルまとめ

2020/01/09

世界の社会経済の英語ニュース動画チャンネルまとめ

2020/01/09

2019年 世界の主要会議と国際イベント、各国選挙

2020/01/01

大阪府の市別 昼間人口ランキング

2019/09/20