「商品先物市場のしくみ」三次理加氏 書籍レビュー


投資や金融に関する書籍紹介  -  「商品先物市場のしくみ」三次理加氏 書籍レビュー

書籍『商品先物市場のしくみ』の概要や感想を掲載しています。
概要やレビュー、得られる知識のポイント、著者のプロフィール、関連書籍などを掲載しています。
関心が高まりましたらぜひ書籍をご覧いただくことがおすすめです。


※画像はamazonからの引用リンクです

 

 

  • 商品先物の仕組みと存在意義をわかりやすく理解できる本

 

『商品先物市場のしくみ』から得られる知見&学べること

  • 商品先物の仕組み
  • 商品先物の生まれた背景
  • リスクヘッジ
  • 商品価格変動リスク

 

『商品先物市場のしくみ』の概要とレビュー

先物の仕組みと役割についてわかりやすく説明されている書籍です。
三次 理加氏はカネツ商事(株)に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立し、ラジオNIKKEIなどの商品市況コメンテーターや執筆・講演などを行っています。
先物を業務で利用している関係者を除けば、先物というものについて、著者が言及しているように「怖い」「騙される」という印象や、投資対象としての印象が強い人もいると思いますが、先物の存在意義が説明されています。常に価値が変動するもの(商品)はビジネスを行う上で大きな障害になってしまいます。先物の仕組みは、安定的に経済を回すためにも必要であることが理解できます。
基本的にはわかりやすい解説書ですが、最後の章では、商品が高騰している理由について、データを用いた説明があるなど、より理解を進めることができる本です。とはいえ、全体として入門書という内容なので、既に基本を理解している人にとっては物足りない内容かもしれません。

 

目次や構成

  • 0.商品の時代
  • 1.商品市場とは何か?
  • 2.商品市場のしくみ
  • 3.商品市場の役割その1~価格変動リスクのヘッジ機能
  • 4.商品市場の役割その2~資産運用機能と公平な価格の形成・発信機能
  • 5.商品価格高騰の背景
 

三次理加氏の関連書籍


※上記画像はamazonのリンクです。まれに若干異なるリンクが表示される場合があります

 

『商品先物市場のしくみ』 著者の経歴・プロフィール

三次理加氏とは

  • 日本の実業家、作家、講演者
  • カネツ商事(株)に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立し、ラジオNIKKEIなどの商品市況コメンテーターや執筆・講演を行う
 

 

三次理加氏の出身・経歴

    • 1995年、商品先物企業であるカネツ商事株式会社に入社、2009年退社
    • ファイナンシャルプランナーとして独立し執筆、講演を行う
    • ラジオNIKKEI「ファイナンシャルBOX」やBSジャパン「マーケットウィナーズ」などに商品市況コメンテーターとして出演
    • 「夕刊フジ」や「証券新報」にてコラムを連載
    • 2012年、経済産業省・産業構造審議会商品先物取引分科会委員
    • 2013年、NPO法人市民後見センターはままつを設立

  

出典、参考リンク

三次理加氏の関連書籍 my-adviser.jp blog.excite.co.jp 

 

三次理加氏の関連書籍


※上記画像はamazonのリンクです。まれに若干異なるリンクが表示される場合があります

当サイトの関連記事


「お金の流れでわかる世界の歴史」大村大次郎氏 書籍レビュー

「地域金融のあしたの探り方」大庫直樹氏 書籍レビュー

「マーケット進化論 経済が解き明かす日本の歴史」横山和輝氏 書籍レビュー

 




投資や金融に関する書籍紹介  -  「商品先物市場のしくみ」三次理加氏 書籍レビュー