「お金の流れでわかる世界の歴史」大村大次郎氏 書籍レビュー


投資や金融に関する書籍紹介  -  「お金の流れでわかる世界の歴史」大村大次郎氏 書籍レビュー

書籍『お金の流れでわかる世界の歴史』の概要や感想を掲載しています。
概要やレビュー、得られる知識のポイント、著者のプロフィール、関連書籍などを掲載しています。
関心が高まりましたらぜひ書籍をご覧いただくことがおすすめです。


※画像はamazonからの引用リンクです

 

 

  • お金の存在から読み解く歴史の流れ

 

『お金の流れでわかる世界の歴史』から得られる知見&学べること

  • お金の流れ・形成
  • 経済発展や国力衰退の要素
  • 権力とお金との関係

 

『お金の流れでわかる世界の歴史』の概要とレビュー

お金の流れや仕組みから世界の主要事象や勢力変遷について書かれている本です。
大村 大次郎氏は過去に国税局調査官として勤務し、お金や税金に関わる様々な書籍を執筆しています。
お金が適切に流れる仕組みを作り上げることは経済を安定させ、経済活動を活性化して繁栄を後押ししていく上で重要な要素であり、国の負債増加、重税、調整の腐敗、宗教組織への資金集中など、国力や経済が衰退する要素が歴史の中で繰り返されていることもわかります。
また、ヨーロッパ繁栄の中での奴隷貿易や海賊行為、植民地支配についても触れられており、経済発展には強者による残虐性や弱者からの搾取が欠かされない要素として存在していたことがわかります。これらは程度の大小はあれ、現在にも通じる事象として存在しつつづけています。
主要な事象がまとめられており、その分多くの要素が削がれていますが、誰にでも読みやすい本としてはおすすめです。

 

目次や構成

  • 1. 古代エジプト・古代ローマは“脱税”で滅んだ
  • 2. ユダヤと中国―太古から“金融”に強い人々
  • 3. モンゴルとイスラムが「お金の流れ」を変えた!
  • 4. そして世界は、スペインとポルトガルのものになった
  • 5. 海賊と奴隷貿易で“財”をなしたエリザベス女王
  • 6. 無敵のナポレオンは“金融戦争”で敗れた
  • 7. 「イギリス紳士」の「悪徳商売」
  • 8. 世界経済を動かした「ロスチャイルド家」とは?
  • 9. 明治日本の“奇跡の経済成長”を追う!
  • 10. 「世界経済の勢力図」を変えた第一次世界大戦
  • 11. 第二次世界大戦の“収支決算”
  • 12. ソ連崩壊、リーマンショック―混迷する世界経済
 

大村大次郎氏の関連書籍


※上記画像はamazonのリンクです。まれに若干異なるリンクが表示される場合があります

 

『お金の流れでわかる世界の歴史』 著者の経歴・プロフィール

大村大次郎氏とは

  • 日本の作家、コンサルタント
  • 過去に国税局調査官として勤務し、お金や税金に関わる様々な書籍を執筆
 

 

大村大次郎氏の出身・経歴

    • 国税局調査官として10年間勤務し、法人税担当調査官などを担当
    • 退職してフリーライターとして、脱税などの税金、法律、ビジネス関係の著書多数
    • フジテレビドラマ「マルサ!!」の監修やラジオ出演を行う

  

出典、参考リンク

大村大次郎氏の関連書籍 Wikipedia oomuraoo.fc2web.com blog.goo.ne.jp 東洋経済ONLINE 

 

大村大次郎氏の関連書籍


※上記画像はamazonのリンクです。まれに若干異なるリンクが表示される場合があります

当サイトの関連記事


「地域金融のあしたの探り方」大庫直樹氏 書籍レビュー

「世界金融危機のカラクリ」吉本佳生氏 書籍レビュー

「金融がわかれば世界がわかる」倉都康行氏 書籍レビュー

 




投資や金融に関する書籍紹介  -  「お金の流れでわかる世界の歴史」大村大次郎氏 書籍レビュー