サラリーマンで巨万の富を築いた男 本多清六の投資手法


世界の投資家やリーダーの思想や理念  -  サラリーマンで巨万の富を築いた男 本多清六の投資手法

 


 

 

  • サラリーマンでありながら、堅実な分散投資や生活哲学により、現在価値で100億円以上の財を成す
  • 「日本のウォーレンバフェット」や「蓄財の神様」と称されている
  • 定年後には匿名で全財産を寄付し、「人生即努力、努力即幸福」のモットーのもと、清貧生活を続けた

 

本多静六は明治・大正・昭和にかけて活躍した投資家です。
堅実な分散投資を行うことで財をなしたことから、しばしば「日本のウォーレンバフェット」と呼ばれます。
令和の時代になってもなお、彼の生き様や投資手法に魅かれ、称賛する人たちは少なくありません。
具体的に本多静六の何がすごいのか。
それは
・ サラリーマンでありながら独自の貯蓄術でお金を貯めた
・ 堅実な分散投資で巨万の富を築いた
・ 定年後は匿名で全財産を寄付した
というところが挙げられます。
本記事では、本多静六の具体的な投資手法や人生、彼の遺した名言などを紹介していきます。
ぜひご一読ください。

 

本多静六氏とは - 略歴 -

本多は現在の埼玉県久喜市に折原家の第6子として生まれました。
折原家は名の知られる裕福な農家でしたが、本多が9歳の時に父が急逝しお金のない苦しい生活を余儀なくされます。
しかしそれでも本多は諦めることなく苦学し書生として住み込みで働きながら東京山林学校に入学。
主席として卒業しドイツにも留学しました。
ちなみに本多という苗字は本多敏三郎の娘である詮子と結婚し婿養子となったため。
ドイツ留学中にブレンダノ教授の薫陶を受け、勤倹貯蓄に目覚めました。
造園家として日本全国の公園の設計などに携わる傍ら、分散投資をはじめ巨万の富を築き上げたのです。

生い立ち・経歴

    • 埼玉県の河原井村の名手を務める折原家の第6子として生まれる
    • 9歳の時、父親が急死して多額の借金を抱える
    • 14歳、島村泰(元岩槻藩塾長)の書生となり、勉学と農作業の両立をする
    • 1884年、東京山林学校(現東京大学農学部)に入学し、1990年の卒業時には首席となる
    • 1889年、幕末の幕臣でり彰義隊隊士を結成した本多敏三郎の娘・詮子と結婚し、婿養子となる
    • 東京山林学校の卒業後は林学を学ぶためドイツへ2年間留学する
    • 1892年、東京山林学校の助教授となり、1900年に教授となる
    • 日比谷公園の設計調査委員や、鉱毒調査委員、明治神宮造営局の参与など、植林・造園・産業振興など多方面で活躍する
    • 1919年 社団法人帝国山林会を創立する
    • 1927年、定年時に全財産を匿名で寄付する
    • 1930年、国立公園調査会の委員に就任、所有していた埼玉県秩父市の2700haの焼く山林を県へ寄贈する
    • 370冊余りの著作を残し、『私の財産告白』『私の生活流儀』『人生計画の立て方』の三部作はベストセラーとなる
    • 1952年、85歳で逝去

 

本多静六氏の名言・格言

本多静六氏の特徴的な格言や名言を紹介します。
一つ一つの言葉からは本多静六氏の理念や考え方、大事にしていることを知る手掛かりになります。

  • 人生の最大幸福は職業の道楽化にある。富も、名誉も、美衣美食も、職業道楽の愉快さには比すべくもない
  • 本業第一たるべきこと。本業専一たるべきこと。一つのことに全力を集中して押し進むべきこと。これが平凡人にして、非凡人にも負けず、天才にも負けず、それらに伍してよく成功をかち得る唯一の道である
  • 人生即努力、努力即幸福
    出典:本多静六著「私の財産告白」
更に名言を見る
 

本多静六は投資家だけではなく、造園家としても偉大な功績があります。
日本の公園の父とも呼ばれていて、日比谷公園や明治神宮の森をはじめとし、全国の公園の設計に携わりました。
すべての人が「おのおのの職業・仕事に全力でとりかかり、面白くてたまらない」というところまでくれば自然と結果はついてくるといいます。
サラリーマンとして給与を得ながら、投資に取り組んでいる人も多いでしょう。
本多静六の言葉は、給与所得者として日々を堅実に生きている人にとっても勇気が湧いてくるに違いありません。

 

本多静六氏の投資手法と実績評価

「4分の1天引き貯金」と「分散投資」

本多はお金がない時からこの貯蓄術を実行しています。
意思の強さもあったと思いますが、天引き分はもともと最初からなかったものとして考え、別口座に移動するという仕組みづくりがしっかりしていたということもあるでしょう。
こうして貯めたお金を元手に本多はコツコツと投資を始めていきます。
投資対象は主に株式と土地山林です。
当時政府が力を入れていた日本鉄道株に投資し、2倍以上の利益となって売却。
そして自分の専門分野である山林事業に進出し秩父の山林を買収しました。
自分が理解できている得意分野に投資するというスタイルはバフェットにも通じるものがありますね。

二割利食い、十割益半分手放し

株式投資においては「二割利食い、十割益半分手放し」というルールを課しています。
このルールはひじょうにわかりやすく、保有している株が2割値上がりしたら利確して、株価が2倍(10割益)にまで高騰したら半分を売却し元金を確保するというもの。
元金分をきちんと取り戻すことで損失を出さないという堅実な投資を心がけています。
そもそもの手持ち資金が、日々倹約をして貯めたお金であるので、博打は打たずに大事にお金を運用していく考え方があるのでしょうね。

 

本多静六氏の関連書籍


※上記画像はamazonのリンクです。まれに若干異なるリンクが表示される場合があります

 

講演動画や関連動画

本多静六氏の関連動画を紹介します。
本多静六氏の生き方や考え方について、より深く知るために参考になる動画です。

説明動画 『『私の財産告白』を徹底解説する。』 2019年


動画配信元:コジん投資家そろもん 
更に関連動画を見る
 

 

まとめ・補足

本多静六の凄みや人気の理由は、お金を稼ぐ能力に長けていることだけではありません。
これほど努力して築いた巨万の富を、退官後にはなんと全財産をすべて寄付してしまったのです。
匿名で数百億円を手放すということは並の人間にできることではないでしょう。
そのお金は公共事業や教育に使われ、晩年はまた質素な生活をしながら執筆活動をしていたといいます。
他者のために私財を施すという本多の社会貢献に対する意識が今も人々の心を魅きつけているのではないでしょうか。

 




世界の投資家やリーダーの思想や理念  -  サラリーマンで巨万の富を築いた男 本多清六の投資手法