世界を冒険旅行した投資家の投資哲学 ジム・ロジャーズ氏の投資手法と格言 – 株式投資

    世界的にはもちろん、日本でも人気が高い投資家のジム・ロジャーズ氏。

    投資家の世界では、伝説的な企業として知られる「クォンタム・ファンド」をジョージ・ソロス氏と共同で創立し、約4200%のリターン率を叩き出しました。

    若い頃から勤勉だったジム・ロジャーズ氏。
    彼の投資キャリアは、ウォール街の見習いアナリストとして働き始め、投資家の道を歩みます。
    お金を稼ぐ行為があまりにも楽しく、「毎日働いていたい」と語った程に、投資の世界に没頭しました。

    ウォール街で働いた後は、個人投資家として独立し、世界中を旅しました。
    冒険投資家」としても知られています。

    そんなジム・ロジャー氏の経歴や投資手法を紹介します。

    目次

    ジム・ロジャーズ氏の生い立ち​

    jim_rogers_book

    出典: 日本外国特派員協会 オフィシャルサイト

    文明観と歴史観を身につける

    ジム・ロジャーズ氏は、化学工場を経営する父と専業主婦の母の元に生まれました。
    子供の頃から努力家で勤勉だったそうです。

    学生時代は歴史を学び、「お金を生む文明観・歴史観」を身につけました。

    大学は、名門イェール大学へ進み、歴史学士号を取得して卒業します。
    そして、ドミニク&ドミニク社に入り、株や証券の分野で働きました。

    1966年には、イギリスのオックスフォード大学に留学し、哲学・政治・経済の2度目の学士号を取得しました。

    後に「過去の歴史を知った事で、日本の高度経済成長期などの収益性にも気付く事ができた」とも語っています。
    大学での学びは、投資家としての成功する源泉にもなっていたことが分かります。

    伝説の投資家へ

    オックスフォード大学の修士課程が終了した後、アメリカ軍の兵役を勤めます。
    その後、投資銀行のアーンホールドSブライローダーに加わりました。

    ここから、ジム・ロジャーズ氏は伝説の投資家としての階段を登っていく事となります。

    投資界の大物として、広く知られている「ジョージ・ソロス氏」という人物がいます。
    天才的な投資家で「イングランド銀行を潰した男」という、とてつもない異名を持っています。

    そんなソロス氏は、ジム・ロジャーズ氏の投資センスを見抜き、1973年に2人はクワンタムファンドを設立します。
    1970年から10年間で、ポートフォリオは「4200%増加」という、とてつもない実績を残します。

    1980年にジム・ロジャーズはウォール街からの引退を決意します。

    冒険投資家?

    ジム・ロジャーズは投資家として引退したわけではありません。
    「冒険投資家 ジムロージャース」として知られるようになります。

    引退後の30代後半には、オートバイで世界中を旅行しました。
    1999年から2002年には、メルセゼスのカスタムカーで世界中を旅行します。
    オートバイ・車を使って、投資先を自分の足で見にいくことで、経済や社会への洞察を深めました。

    ちなみに、世界の6大陸を全てオートバイで走破した事から「冒険投資家」として、ギネスに認定もされています。

    新興国への投資

    ジム・ロジャー氏は自分の目と足で様々な国を見て、新興国の成長を確信します。
    そして、新興国のマーケットの株式投資を行いました。

    1998年には、ロジャーズ国際商品指数を設立します。

    2007年には、シンガポールへ移住し、中国を中心にアジアへの投資を行いました。

    テレビなどメディアへの露出も多く、精力的な活動を続けています。


    ジム・ロジャーズ氏の投資スタイルとは

    image (5)

    ここからは、ジム・ロジャーズ 氏の投資手法とその結果について紹介していきます。

    徹底した分析

    ジム・ロジャーズの投資手法の根底にあるのは「徹底した世界の動向分析」です。

    例えば、「アメリカの大統領が変わる」「北朝鮮がミサイルを発射した」などの世界情勢を調査します。

    そして、各国の金融政策や、社会のトレンドまでも分析します。

    世界情勢、各国の政策、トレンドの分析には、とてつもない情報量を処理する必要があります。

    彼は、それらを全て分析し「需要」と「供給」の関係性を見抜きます。

    そして、需要が多ければ「買い」、供給が多ければ「売り」で投資するのが、ジム・ロジャーズ氏の根本的な投資手法です。
    ジム・ロジャーズ氏は「順張り」もしますが、「逆張り」するのも、彼の投資手法の一つです。

    認識のギャップに気付く

    ジム・ロジャース氏は、徹底した分析によって、認識にギャップのあるものを見つけます。

    例えば、本来は価値があるのにもかかわらず、何故か低価格となっている株式に投資をする方法があります。

    世間が本来の価値に気付いて、買い始めると、株価が上昇します。
    そうして、価格が上昇してきたタイミングで売却し、利益を得ることも得意としています。

    買わないことも大切

    ジム・ロジャーズ氏は、「徹底した世界の動向分析」によって、投資をしています。

    ですが、徹底分析をした結果、投資対象が見つからないこともあります。
    そういうときは、「無理に投資を行う必要は無い」とも述べています。

    そして、投資対象が見つからなければ分析を続けます。
    「お金を貯めて準備を怠らないことが大切」とも述べています。

    利益を得る為には、「待つこと」も手法の一つと言えるでしょう。

    自分が調べて判断することが大事

    ジム・ロジャース氏は「自分で調べた会社の株式を購入しなさい」とも述べています。

    投資本やアナリストなどが「この株は期待できる」と、「推奨株」を上げることがあります。
    しかし、それを見て投資するのではなく、「自分が調べて判断をした株を購入すべし」とも語っています。

    著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏も、同様の意味のことを述べています。

    他人の意見は参考にするには良いでしょうが、投資判断は他人に委ねてはいけないということです。

    臨機応変に対応

    一般的な投資の手法としてあげられるのが「バイ・アンド・ホールド」です。
    「バイ・アンド・ホールド」とは「購入したらその株を保有し続ける」ことです。

    しかし、ジム・ロジャーズ氏の手法は、それとは全く正反対です。

    最初はロング(買い)で株を保有したとしても、その後の情勢に合わせて、ショート(売り)も行い、両建てでポジションを取って、利益を上げる手法を使っています。

    両建ては難易度が高い手法ではありますが、世界情勢を徹底的に分析し、深い洞察があるジム・ロジャーズ氏ならではの手法と言えるかもしれません。

    (以下、PRを含みます)

    ジム・ロジャーズ氏の投資の格言

    多くの成功を成し遂げてきたジム・ロジャーズ氏の格言を紹介します。

    • 私の経験上、利益を出した直後に、次の良い投資機会が存在することはない。


       出典:ジム・ロジャーズ 大予測

      よい投資機会は多くはなく、投資する回数は最低限に留めることが重要だと述べています。

    • 変化に適応できない人は、変化により一掃される。
      変化を認識し、それに応じて反応する人は恩恵を受けるでしょう。

    • 投資にあたって誰もが学ぶべきルールは、そうでないのなら何もしないということだ。
      たとえ少々やることがあっても、何もしないことだ。
      だ。普通の人々は、私が普通の人々よりうまいということではないけれど、何かこういつもいじっている。いつも何かやっているんだ。


       出典:ジャック·D シュワッガー 「マーケットの魔術師」
    • 株売った後は何もしないことだ。

      大半の人は待てずに焦ってしまうから失敗する。


       出典:ジム・ロジャーズ 大予測

      投資を始めるときだけでなく、クローズするときも慎重に待つことの大切さを述べています。

    ジム・ロジャーズ氏を詳しく知る方法​

    ジム・ロジャーズ氏について、更に深く知るための書籍や投資学校を紹介します。

    書籍:冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見

    116ヵ国・24万キロにわたる、戦乱や砂漠、ジャングル等の旅の記録が記されています。
    彼の考え方、洞察力を知ることができます。

    オンライン投資学校

    「給料以外で収入を増やして人生を豊かにしたい方必見」の投資学校です。
    投資学校の運営母体 Global Finalcial Scoolを通して、ム・ロジャーズ氏や、サラリーマンで億り人となった堀哲也氏、ウォーレン・バフェット氏の一番弟子であるメアリー・バフェット氏などの知恵が凝縮されています。

    \ 今なら、スペシャル特典と、無料の動画もあり/

    まとめ​

    ジム・ロジャーズ氏は、投資によって、とてつもない金額を稼ぎ、運用してきた人物です。
    その投資手法には、一般人にとって驚くような方法を使っていると思われがちですが、根底にあるのが徹底的な分析です。

    これは、とても泥臭く時間がかかる手法だと言えます。

    色々な投資の情報は、今やインターネットを調べれば手に入れられます。
    しかし、投資での成功の秘訣は、圧倒的な調査力なのかもしれません。

    参考資料

    目次