徹底した世界分析と現地主義 ジム・ロジャーズの投資手法


世界の投資家やリーダーの思想や理念  -  徹底した世界分析と現地主義 ジム・ロジャーズの投資手法

 


 

 

  • ジョージ・ソロス氏と「クォンタム・ファンド」を設立し、莫大なリターンを得て早期引退
  • #各国の金融政策や社会のトレンドを徹底して分析
  • #認識にギャップがあるような金融商品に対して投資

 

世界的にはもちろん、日本でも知名度が高いジム・ロジャーズ。数多くの投資に関する本も執筆しており、日本語へ翻訳もされています。投資家の世界では伝説的な企業としても名を馳せるクォンタム・ファンドをジョージ・ソロス氏と共同で創立し、4,200%のリターン率を叩き出した事はあまりに有名です。若い頃、勤勉だったジム・ロジャーズはイギリスの名門大学であるオックスフォード大学院へ留学した後、ウォール街の見習いアナリストとして働き始めました。お金を稼ぐ行為があまりにも楽しく「毎日働いていたい」と語った程に投資の世界へ没頭していったようです。
それ以外にも
・冒険投資家
・世界三大投資家の一人
・グローバルマクロの先駆け
など様々な呼び名や経歴を持っています。
ジム・ロジャーズは投資の世界で1位、2位を争うほどに成功したと言っても過言では無いでしょうし、また現在でも影響力がある投資家と言えるでしょう。
どんなに遠い場所でも投資先へオートバイ・車を使い自分の足で見にいく程アクティブな投資家として知られています。
ちなみに6大陸を全てオートバイで走破した事から「冒険投資家」としてギネスに認定もされています。

 

ジム・ロジャーズ氏とは - 略歴 -

ジム・ロジャーズは化学工場を経営する父と専業主婦の母の元に生まれました。
子供の頃から努力家で勤勉。大学は名門イェール大学へ進んだ後に、イギリスの名門オックスフォード大学の修士課程に進みました。学生時代は歴史を学び「お金を生む文明観・歴史観」を身につけました。後に「過去の歴史を知った事で、日本の高度経済成長期などの収益性にも気づく事ができた」とも語っているので、これらの学びはジムの投資家としての人生でかなり役に立っていた事が分かります。
オックスフォード大学の修士課程が終了した後、アメリカ軍の兵役を勤めます。
その後、投資銀行のアーンホールドSブライローダーに加わりましたが、ここからジム・ロジャーズは伝説の投資家としての階段を登っていく事となります。

投資界の大物として、良く挙げられるのはジョージ・ソロス氏
天才的な投資家で「イングランド銀行を潰した男」と言うとてつもない異名を持っています。
そんなソロスは、ジム・ロジャーズの投資センスを見抜き、1973年に2人はクワンタムファンドを設立。1970年から1980年の間にポートフォリオは4,200%増加すると言うとんでもない実績を残し、1980年の同年ジム・ロジャーズは引退を決意します。
「冒険投資家」として知られている事もあり、引退後はオートバイで世界中を旅行しました。
しかし完全に投資家として引退をしたと言うことではなく、1998年にはロジャーズ国際賞品指数を設立、2007年にはシンガポールへ移住をし中国を中心にアジアへの投資を行っています。
テレビなどメディア関係への露出も多く、精力的な活動を続けています。

生い立ち・経歴

    • [1942年生まれ]
    • 1964年、イェール大学で歴史学士号を取得
    • 1964年、ドミニク&ドミニク社に入り、株や証券の分野で働く
    • 1966年、オックスフォード大学で哲学・政治・経済の2度目の学士号を取得
    • 1966~1968年まで、ベトナム戦争の間、アメリカ軍の兵役を務める
    • 1970年、投資銀行のアーンホール ドS.ブライローダーに加わる
    • 1973年、ジョージ・ソロス氏とクワンタムファンドを設立
    • 1970年から1980年まで、ポートフォリオは4200%増加する
    • 1980年に引退し、オートバイで世界中を旅行する
    • 1990年から1992年、オートバイで世界中を旅行する
    • 1998年、ロジャース国際商品指数を設立する
    • 1999年から2002年、メルセゼスのカスタムカーで世界中を旅行する
    • 2002年、Foxニュースやメディア番組にも定期出演
    • 2007年、シンガポールへ移住し、中国をはじめとしたアジア投資を行う

 

ジム・ロジャーズ氏の名言・格言

ジム・ロジャーズ氏の特徴的な格言や名言を紹介します。
一つ一つの言葉からはジム・ロジャーズ氏の理念や考え方、大事にしていることを知る手掛かりになります。

  • 私が群衆から外れるたびに、大奥のお金を稼いだ。
    アクションから離れてさまようことは、新しいアクションを見つける方法である。
  • あらゆる場所のすべての政治家に注意してください。
更に名言を見る
 

 

ジム・ロジャーズ氏の投資手法と実績評価

この章からは、ジムロジャーズ の投資手法とその結果について紹介していきます。

グローバル・マクロ分析の先駆け

ジム・ロジャーズの投資手法の根底にあるのは「徹底した世界の動向分析」です。
例えば「アメリカの大統領が変わる」「北朝鮮がミサイルを発射した」などの世界情勢を調査する事はもちろん、各国の金融政策そして社会のトレンドまでも分析する手法が大きな特徴。
世界情勢・政策・トレンドこれら3つを分析し収集するのだけでもとてつもない情報量になりますが、ジムはそれらを全て分析し「需要」と「供給」の関係性を見抜きます。
そして、需要が多ければ「買い」供給が多ければ「売り」のポジションを取るというのがジム・ロジャーズの根本的な投資手法です。

逆張り投資

先ほど紹介したようないわゆる順張りも行いますが「逆張り」もジムの手法の一つです。
簡単に言ってしまえば、認識にギャップがあるような金融商品に対して投資をする手法。
例えば、魅力があるのに何故か低価格となっている株に投資をして、世間が気付き価格が上昇してきた所で売却をし、利益を得る事も得意としています。

投資対象が見つからなければ、買わない

ジム・ロジャーズは徹底した世界の動向分析を手法として投資を行ってきました。
ですが、徹底分析を行った結果、投資対象が見つからなければ無理に投資を行う必要は無いとも言っています。そして、投資対象が見つからなければ分析を続け、お金を貯めて準備を怠らない事が大事だとも話しているので、利益を得る為に「待つ」事も手法の一つと言えるでしょう。

またジムは「自分で調べた会社の株式を購入しなさい」という名言も残しています。
投資の専門誌やアナリストが「推奨株」として挙げた株式よりも、自分が調べ判断をした株を購入すべしとも語っています。これと似たような発言をしているのが、もう一人の投資界の生ける伝説ウォーレン・バフェット。両名どちらも投資の世界では大成功を収めているので、信憑性はとても高いと言えるでしょう。

臨機応変な対応

一般的な投資の手法としてあげられるのがバイ・アンド・ホールドです。
この手法は「購入したらその株を保有し続ける」事なのですが、ジムの手法はそれとは全く正反対な物。最初、ロング(買い)でポジションを取ったとしても、その後の情勢に合わせてショート(売り)も行い両建てでポジションを取り利益を上げる手法をとっています。
両建てはかなり難しい手法ではありますが、世界情勢を徹底的に分析し、国際情勢も頭に入っているジムならではの手法と言えるかもしれません。

 

ジム・ロジャーズ氏の関連書籍


※上記画像はamazonのリンクです。まれに若干異なるリンクが表示される場合があります

 

講演動画や関連動画

ジム・ロジャーズ氏の関連動画を紹介します。
ジム・ロジャーズ氏の生き方や考え方について、より深く知るために参考になる動画です。

インタビュー 『次の市場急落に向けた投資アドバイス』 2020年


動画配信元:Kitco NEWS 
更に関連動画を見る
 

 

まとめ・補足

ジム・ロジャーズは世界的にも有名な投資家の一人です。
資産額は公表されていませんが、とてつもない額を投資の世界で稼いできた方なので莫大な資産を持っている事でしょう。だからこそ投資手法も驚くような方法を使っていると思われがちですが、根底にあるの徹底的な分析。言ってしまえば、とても泥臭く時間がかかる手法だと言えます。色々な投資の情報は、今やインターネットを調べれば多数出てきますが、投資で成功するという事はとてつもない努力と圧倒的な調査力なのかもしれません。

 




世界の投資家やリーダーの思想や理念  -  徹底した世界分析と現地主義 ジム・ロジャーズの投資手法



 

関連記事

相場の転換点を予見した「謎のトレーダー」 ウィリアム・ギャン 名言、生涯

2021/01/14

波瀾の時代を生き抜いた最後の相場師 是川銀蔵氏 名言、経歴

2020/12/25

サブプライムローン破綻を予測して巨万の富を手にした ジョン・ポールソン氏 名言、経歴、講演動画

2020/12/05

巨大な投資ファンドであるブラックストーンの設立者 スティーブン・シュワルツマン氏 名言、経歴、講演動画

2020/12/05

株式分析や小型株運用の先駆者 ケン・フィッシャー氏 名言、経歴、講演動画

2020/12/04

四季報と基本的な情報だけで大成功を収めた竹田和平 投資手法

2020/12/02

リンクトイン創業者でありエンジェル投資家 リード・ホフマン氏 名言、経歴、講演動画

2020/11/26

安く不良資産を購入して高く売る投資家 ハワード・マークス氏 名言、経歴、講演動画

2020/11/12

確率と統計でカジノと株式投資で大成功した学者 エドワード・O・ソープ氏 名言、経歴、講演動画

2020/11/06

ストップロスは行わない!ラリー・ロビンズ 投資手法

2020/10/30

サラリーマン投資家の星「五味大輔氏」投資手法

2020/10/30

4度の破産から這い上がった投資家「ジェシー・リバモア」投資手法

2020/10/29

ウォール街の伝説の投資家 レオン・クーパーマン氏 名言、経歴、講演動画

2020/10/25

「最も賢い億万長者」と評された数学者の投資家 ジェームズ・シモンズ氏 名言と経歴、講演動画

2020/10/10

テクニカル分析指標を生み出した投資家 ラリー・ウィリアムズ氏 名言と経歴、講演動画

2020/10/09

上場企業100社以上の大株主 竹田和平氏 名言、経歴、講演動画

2020/10/05

日本に旋風を巻き起こした村上ファンド 村上世彰氏 名言、経歴、講演動画

2020/10/05

長期投資する「成長株投資」の実践者 フィリップ・フィッシャー氏 名言と経歴

2020/10/03

伝説のディーラーと称され、ジョージ・ソロス氏のアドバイザーを務めた 藤巻健史氏 名言、経歴

2020/10/01

イングランド銀行を潰した男 ジョージ・ソロス 投資手法

2020/10/01

サラリーマンで巨万の富を築いた男 本多清六の投資手法

2020/09/25

バークシャー・ハサウェイの副会長 チャーリー・マンガー氏 名言と経歴、講演動画

2020/09/25

蓄財の神様 本多静六氏 名言と生涯

2020/09/25

徹底したファンダメンタルズ分析と変わった株の選び方 ピーターリンチの投資手法

2020/09/21

エンジェル投資家の瀧本哲史の投資眼を学ぶ

2020/09/11

ウォーレン・バフェットから学ぶ常勝投資のマインドと投資手法

2020/09/10

片山晃氏とは? ネトゲ廃人から140億投資家へ

2020/09/06

山口勝業氏とは? 金融分析とリスク・プレミアム

2020/09/06

独学で60万円を7年で3億円にした投資家 堀哲也氏とは?

2020/09/06

バリュー投資の父 ベンジャミン・グレアム 投資手法

2020/09/06

ブラジャーで育った凄腕ファンドマネージャー 藤野英人氏の投資手法

2020/08/30

人々が尊敬する、最も成功した投資家の一人 ウォーレン・バフェット氏 名言と経歴、講演動画

2020/08/25

世界最大のヘッジファンドを運営する「投資界のスティーブジョブズ」 レイ・ダリオ氏 名言と経歴、講演動画

2020/08/22

国際投資と逆張り投資、株式のバーゲンハンター ジョン・M・テンプルトン氏 名言や経歴、講演動画

2020/08/22

歴史上最も成功した投資家の1人 ジョージ・ソロス氏 名言と経歴、講演動画

2020/08/21

冒険投資家として知られる人気投資家 ジム・ロジャーズ氏 名言や経歴、講演動画

2020/08/21

オバマケアを通して驚異的なリターン率を上げた ラリー・ロビンズ氏 名言、経歴、講演動画

2020/08/04

幾度もの破産から復活した「伝説の投機王」 ジェシー・リバモア 名言と経歴

2020/08/04

「テンバガー」の名付け親 ピーター・リンチ氏 名言と経歴、講演動画

2020/08/01

ひふみ投信の運営会社の設立者 藤野英人氏 名言と経歴、講演動画

2020/07/05

個人株式投資で140億円の資産を築いた投資家 片山晃氏 名言と経歴、講演動画

2020/07/04

バリュー投資の父 ベンジャミン・グレアム氏 名言と経歴、関連動画

2020/07/01

「12大事件でよむ現代金融入門」倉都康行氏 書籍レビュー

2019/01/31

「地域金融のあしたの探り方」大庫直樹氏 書籍レビュー

2019/01/25

「金融の世界史」板谷敏彦氏 書籍レビュー

2019/01/10

「商品先物市場のしくみ」三次理加氏 書籍レビュー

2018/12/20

「金融がわかれば世界がわかる」倉都康行氏 書籍レビュー

2018/12/13

「テンプルトン卿の流儀」ローレン・C・テンプルトン氏 投資書籍レビュー

2018/12/11

「冒険投資家 ジム・ロジャーズ世界大発見」ジム・ロジャーズ氏 投資書籍レビュー

2018/12/11

「お金の流れでわかる世界の歴史」大村大次郎氏 書籍レビュー

2018/12/10

「世界金融危機のカラクリ」吉本佳生氏 書籍レビュー

2018/12/09

「マーケット進化論 経済が解き明かす日本の歴史」横山和輝氏 書籍レビュー

2018/12/09