エンジェル投資家の瀧本哲史の投資眼を学ぶ


世界の投資家やリーダーの思想や理念  -  エンジェル投資家の瀧本哲史の投資眼を学ぶ

 


 

 

  • エンジェル投資家として数々の企業に出資
  • マーケターの目線での投資
  • 経営状況が非常に厳しかった日本交通の再建に取り組む

 

瀧本哲史氏はエンジェル投資家として数々の企業に出資を行ってきた人物です。
まだ企画の段階や、紙で事業計画が書かれている段階において投資を決定することもありました。
それは、瀧本哲史氏が、直ぐに物事の本質を捉え、世の中にマッチしているかを判断していたということです。
業界でトップを狙える企業にのみ投資し、創業メンバーの質なども細かく見て判断した上で投資が行われていました。
また、計8冊の著書があり、数多くのベストセラーを生み出しています。「武器としての決断思考」は25万部以上、「戦略がすべて」は10万部以上が出版されており、多くの学生や起業家、社会人に対して影響を与えてきました。

 

瀧本哲史氏とは - 略歴 -

瀧本哲史氏は東大法学部へ入学し、ディベートのサークルに入り全国の大学弁論会の統一ルールを作るなど、活動的な大学時代を過ごしました。その後、ディベート甲子園の設立に携わり、全国教室ディベート連盟の理事をはじめとして、事務局長なども歴任しました。
卒業後は、東京大学院法学政治学研究科にて3年間勤め、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社しました。
マッキンゼーを退社後には、コンサルタントの経験を活かして経営状況が非常に厳しかったタクシー会社「日本交通」の再建に取り組みます。
勝間和代氏と(株)監査と分析の設立などの事業経営や、京都大学産官学連携本部イノベーションマネジメントサイエンスの研究部門客員准教授として務めるほか、エンジェル投資家として活動しました。
2019年8月に多くの人に惜しまれながら享年47歳で亡くなりました。

生い立ち・経歴

    • 1994年、東京大学法学部を卒業し、東京大学大学院法学政治学研究科の助手を務める
    • 1997年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、エレクトロニクス業界のコンサルティングに従事する
    • 半導体、通信、エレクトロニクスメーカーの新規事業立ち上げ、投資プログラムの策定などを行う
    • 2000年、多額の債務を抱える日本交通の経営再建を行う
    • 2004年、オーディオブック「オトバンク」に出資し、監査役や社外取締役を歴任する
    • 2007年、京都大学産官学連携センターの客員准教授を勤める
    • エンジェル投資家や企業再生などの活動を行うほか、産官学連携、高大連携、国際連携のプロジェクトに参画する
    • 「ディベート甲子園」を主催する全国教室ディベート連盟事務局長
    • 2019年に享年47歳で死去

 

瀧本哲史氏の名言・格言

瀧本哲史氏の特徴的な格言や名言を紹介します。
一つ一つの言葉からは瀧本哲史氏の理念や考え方、大事にしていることを知る手掛かりになります。

  • 自信がないのに「他社がやっているから」「上司の命令だから」では勝てません。自分の頭でしっかり考えて、行動する。それがコモディティー化の波にのまれない第一歩です。
  • マーケットに向き合う。それだけやればいいのです。小手先に走る必要はなく、感動を与えるサービスを提供すること。それだけに集中する。それだけで成功できますよ。
    出典:企業法務革新基盤 2019年
更に名言を見る
 

 

瀧本哲史氏の投資手法と実績評価

出資先の例

オトバンク

エンジェル投資段階から参画しました。資本金2億3125万円から、現在純利益で約1億4500万をうりあげ、純資産4億8178万円ほどにまで成長を果たしています。

atomis

企画段階から出資を決意。シリーズA(アーリーの後半)で3.5億円の資金調達に成功し、その後も数多くの賞を受賞しています。Forbes onlineに掲載され、期待度が年々高まっている企業として有名です。

日本成長投資アライアンス

共同代表者として参画しました。
主な成績としては、①株式会社ポテトかいつかへの出資(のちにカルビー株式会社へ子会社化へ成功) ②株式会社セフィーヌと資本提携などが挙げられます。
大資本と共同で投資(出資総額173億)を行っており、中堅・中小企業の成長を目指しています。

Psychic VR Lab

エンジェル投資として出資しています。STYLYというVRショッピングのプラットフォームを展開する企業で、現在では一般への展開も実現しています。また、2018年には全米最大規模のVRコミュニティ「SVVR」の正式メンバーとして参入し、事業を加速させています。

 

瀧本哲史氏の関連書籍


※上記画像はamazonのリンクです。まれに若干異なるリンクが表示される場合があります

 

まとめ・補足

エンジェル投資家として様々な企業の初期ステージに投資を行ってきた瀧本哲史氏。
マーケターの視点において、市場や投資先の情報を収集・分析し、業界でトップを狙える企業にのみ投資を行っていました。
目先のニュースや企業業績ではなく、物事の本質を捉えることの大切さを学ぶことができます。

 




世界の投資家やリーダーの思想や理念  -  エンジェル投資家の瀧本哲史の投資眼を学ぶ