アジア各国GDPの推移と対外債務の推移


経済情報や社会指標  -  アジア各国GDPの推移と対外債務の推移

アジア各国GDPの推移と対外債務の推移をまとめました。GDPについては、[1]成長率と[2]各国の比率(各国GDP÷世界GDP)についてグラフ化しました。対外債務については、[3]ドル換算と[4]1人辺りの対外債務(対外債務÷人口)についてグラフ化しました。

対象国は、日本や中国を含む東アジア、タイやベトナム等の東南アジア、インドやバングラデッシュ等の南アジア、ロシア(北アジア)を対象としております。中央アジアや西アジア(中東)は対象外としております。

GDP成長率  各国のGDP比率  対外債務   参考資料

 

◆GDP成長率 推移

GDP成長率だけでフォーカスすると、世界的な経済/金融事象や各国で起きた事象によって波があります。国や時期により差はあるものの、多くの国ではプラス水準の期間が多い状況です。
※数値は、世界銀行データバンクを参照しています



 

◆GDPの世界比率 推移

世界のGDPに対する各国のGDP比率です。計算式は[各国GDP÷世界GDP]です。ドルベースや成長率に比べて理解しやすいグラフになり、世界における経済力の大きさとしても捉えることができます。
日本や中国は5%以上ですが、日本のGDP比率は年々低下していることが分かります。一方で、中国のGDP比率は2005年頃より急成長し、世界GDPの15%を占める大国になっています。インドは約3%であり、ロシア、韓国、インドネシアは1~2%の水準、他の国々は1%以下です。
※数値は、世界銀行データバンクを参照しています



 

◆対外債務 推移

対外債務の推移になります。数値は世界銀行のExternal Debtの情報を参考にしており、数値が無い期間や確認できない国々も多数あります。数値だけを見ると、日本が突出しており、中国、香港、シンガポールと続きます。

一人当たりの対外債務(対外債務÷人口)です。人口を考慮すると、シンガポール、香港が突出しており、次に日本が続きます。なお、GDPを分母(対外債務÷GDP)にすると、2017年は香港(約460%)、シンガポール(約450%)、モンゴル(約240%)、日本(約70%)、マレーシア(約70%)になります。他の国々は約60%以下となり、20%以下の国は、インド(約20%)、ネパール(20%)、中国(約14%)、アフガニスタン(約13%)になります。

GDP成長率  各国のGDP比率  対外債務   参考資料

 

◆参考資料

・世界銀行データバンク
https://databank.worldbank.org/data/home.aspx




経済情報や社会指標  -  アジア各国GDPの推移と対外債務の推移


当サイトの関連記事

人口密度の低い都道府県ランキング

2019/08/04

世界情勢を知る英語ニュース動画チャンネル10選

2020/06/30

大阪府の市区町村 昼間人口ランキング

2019/09/20

日本の外国人犯罪は増えているのか

2019/01/12

都道府県の人口増加率ランキング

2019/07/25

日本の雇用数は増えているのか

2019/08/22