グリーン・ワークホースの不動産投資 評判と注意点、止めたほうがよい人は?


    個人の不動産投資には、「グリーン・ワークホースの不動産投資」があります。
    主に東京都心の不動産の投資サービスです。

    「グリーン・ワークホースの不動産投資」を聞いたことがあるけど、信用できるかどうか、疑問を感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    「口コミはメリットばかり強調され、重要な『不動産会社に関する情報』が少ない」と感じられている方も多いと思います。

    ここでは、不動産会社情報調べた上で、「メリット」に加えて、その「デメリット」や「向いていない人・止めたほうがいい人」、「投資する場合の注意点」を考察します。

    利用を検討されている方には、特に役立つ情報ですので、是非参考にしてみてください。

    目次

    グリーン・ワークホースの不動産投資の主な特徴・メリット

    グリーン・ワークホースの不動産投資の主な特徴とメリットです。
    それぞれ解説していきます。

    投資家(オーナー)にとっての利益を優先

    不動産投資の初心者の方に対して、不動産投資ができるようにサポートしてくれます。

    投資家(オーナー)を第一に考えているので、人によっては、「投資しない方が良い」とアドバイスされる場合もあります。
    後に説明しますが、グリーン・ワークホースでは、他の不動産会社と異なり、社員にノルマを設定していないことが特徴です。
    自社よりも投資家(オーナー)にとっての利益を優先することが大事にされています。

    相談すれば丁寧に対応してくれますし、お金にまつわるサポートについて資産運用について色々な提案をしてくれます。

    面倒な管理はお任せ

    不動産投資では、入退去の手続きや仲介会社とのやり取り等、時間がかかる業務が必要とされます。
    これらの管理業務は平日にも発生するので、サラリーマンにとっては、非常に大変です。

    グリーン・ワークスの不動産投資では、これらの大変な管理業務を代行してくれるサービスがあることも特徴です。

    グリーン・ワークスが、入居者募集から、賃料の集金、退去後のメンテナンスまで引き受けてくれます。
    管理業務の手間を削減することができます。

    家賃保証契約のサービスもある

    グリーン・ワークスには、空室時や滞納時の家賃保証を受けられる「家賃保証システム」もあります。

    「家賃保証システム」の契約を選べば、グリーン・ワークスが物件を借り上げするので、入居者の有無に関わらず、毎月の家賃を安定して受け取ることができます。

    資料請求だけでもOK

    グリーン・ワークスの不動産投資では、「資料請求だけでもOK」です。

    面談を希望して無くても、資料請求だけして、他の企業と比較することや、資産形成の参考にすることもできます。

    [PR]


    グリーン・ワークホースの不動産投資の評判は?

    各種口コミサイトから、良いロコミ・悪いロコミ・怪しいなどを探しました。

    利用者の悪い評判

    最近の悪いロコミ(体験談)が掲載されていたので紹介します。

    問い合わせてから9日も経ってからはじめて電話が掛かってきました。本当に遅すぎてどういうことなのか分かりません。
    出典:Google (2023.12)1

    人数が少ないこともあり、繁忙期などには、初期対応が遅くなっている可能性があります。

    働いている人の評判

    会社の評判を知る上では、働いている人の意見を見ることも役に立ちます。
    口コミサイトからの意見を紹介します。

    不動産業には珍しく、毎週 2 回しっかり休めます。
    月末でも休みは休みです。
    有給休暇も取得しやすいですし、営業である以上休みでもお客様とのやり取りなどはありますが、オンオフをメリハリつけて働くことができます。
    出典:ライトハウス2

    やりたいことはなんでもチャレンジしていくことが可能な環境です。
    当然、チャレンジしたことに対しての結果は求めますが、自分の仕事に繋がる内容、一般常識の範囲であれば自主性を重んしてくれます。
    出典:ライトハウス3

    グリーン・ワークホースの採用ページに記載の通り、ホワイトな職場であり、さらにチャレンジできる環境であることが確認できます。

    悪い口コミは見つかりませんでしたが、女性は少ないという意見は有りました。

    営業に女性もいますが、基本男社会です。
    女性も働いているので、大手のようなしつかりした制度はないかもしれませんが、働きずらい環境ではないと思います。
    出典:ライトハウス4

    グリーン・ワークホースの不動産投資とはどんな会社?

    不動産投資では、不動産会社からの物件紹介や情報・サポートをもとに、投資をすることになります。
    そのため、不動産会社の信頼性は非常に重要です。

    ここからは、「グリーン・ワークホースの不動産投資」を提供している、「株式会社グリーン・ワークホース」の特徴や経歴を確認します。

    不動産会社の「グリーン・ワークホース」とは?

    グリーン・ワークホースの不動産投資は、その名の通り、「株式会社グリーン・ワークホース」という企業が運営しています。

    グリーン・ワークホースは、投資不動産の開発・販売、賃貸管理、リノベーションなどの事業を展開している企業です。
    2016年に設立され、東京都に本社があります。

    2022年時点では、従業員は約10名前後、平均年齢は30代、売上は約10億円の企業です。5

    PRはしていないようですが、巣立ち基金(児童養護施設)へ継続して寄付を実施しているようです。6

    ホワイトな待遇

    投資する側にとっては、不動産会社の社員の質が重要です。
    余裕がない担当者に当たってしまうと、その担当者の知識不足や厳しいノルマによって、投資家(オーナー)にとって良くない提案がされる可能性があります。

    その点、グリーン・ワークホースは、ホワイトな待遇をアピールした、求人を応募しています。

    求人サイトでは、「残業ほぼ無し」や「7連休の各種休日+5日以上の連休取得OK」とされています。
    加えて、「風通しの良さ」や「ラフな雰囲気」をアピールすしています。
    よりよい人材が採用できるような風土を整えている様子が確認できます。7

    社員にはノルマが設定されていない

    求人サイトには、「売上目的で押し売りをすることはなく、時には物件の購入をお勧めしないことも。そのため、ノルマは設定されていません!お客様に寄り添った提案ができます。」8とも記載されています。
    残業が少ないことをアピールしている不動産会社は多いですが、ノルマが設定していないことは、とても特徴的です。

    これは、社長である長妻繁則氏が、前職の不動産会社で「厳しい上司やノルマ、ハードワーク」に苦しんでいた仲間と共に独立したことが起因しています。9

    グリーン・ワークホースの財務情報はある?

    会社の状態を知る上で、財務情報が参考になりますが、グリーン・ワークホースの財務情報は現状、確認できません。

    ただし、売上の規模は掲載されています。

    会社の売上高は、2023年には約10億円になる見込みであることが確認できます。10

    グリーン・ワークホースの社長は?

    グリーン・ワークホースの社長は長妻繁則氏です。

    詳細な経歴は確認できませんが、不動産会社に務めていたようです。
    グリーン・ワークホースは、2016年に長妻氏が数名の仲間とともに設立しました。

    設立の経緯は、前職の不動産会社において「厳しい上司やノルマ、ハードワークに苦しんでいた仲間と共に独立」したとのこと。
    そのため、社員がホワイトな職場でノルマ無く働くことができ、自社よりも投資家(オーナー)にとっての利益を優先することが大事にされています。11

    また、長妻氏もサラリーマン時代の27歳の時に不動産投資を開始したという実体験があるとのこと。

    長妻繁則氏のメッセージについては、会社のウェブサイトから確認できます。

    代表挨拶のメッセージ
    https://green-workhorse.jp/message.html

    グリーン・ワークホースの不動産投資に向いている人は?

    不動産投資に関することから、グリーン・ワークホースのに関することも踏まえて、投資に向いている人を紹介します。

    小規模の不動産会社に頼みたい人

    グリーン・ワークホースは設立が2016年ということもあり、会社規模としては、小規模な会社に分類されます。

    小規模な会社と、中規模な会社には、それぞれメリット・デメリットがあります。

    中規模以上の会社のメリットとしては、ファイナンシャルプランナー等、様々な専門家を抱えていることがあるので、お金回りのことを相談しやすい点が挙げられます。
    また、会社のネットワークが広いので、紹介できる物件数も多いことがあります。
    (※自社ブランドだけに偏っているケースもありますので、注意が必要です。)

    小規模な会社のメリットとしては、社員が少ない分、会社の創業の想いが社員に伝わりやすい点が挙げられます。

    また、会社の性質や信用度を確認する上で、社長に事前に会っておくことも大事です。
    小規模な会社では、社長にも会いやすいでしょう。

    更に、会社が「今後規模を大きくしたい」と考えていれば、投資家(オーナー)の評判を気にするので、手厚いフォローが得られる場合があります。

    小規模な会社と中規模な会社のメリット・デメリット
    小規模中規模~大規模
    社長にアクセスしやすいことがある
    会社の想いが社員に伝わりやすい
    手厚いフォローが期待できることもある
    専門家を抱えていることが少ない
    紹介できる物件が少ないことがある
    様々な専門家を抱えていることがある
    紹介できる物件種類が多いことがある
    担当者が交代しやすいことがある
    社長にアクセスしにくいことがある
    会社の想いが社員に伝わりにくい

    株式や投資信託に不安を感じる人

    現在、NISAやiDeco(確定拠出年金)を通じて、株式や投資信託へ投資することが一般的になりました。
    一方で、株式や投資信託の投資をしている方でも、将来に不安を感じることもあるのではないでしょうか。

    株式や投資信託は、価格の変動が大きい投資です。
    定年時など、株式や投資信託を現金にする「タイミング」が悪ければ、元本割れしている可能性もあります。
    誰もが知っている大手企業に投資しても、不祥事や業績不振によって、株式価値が縮小する可能性がある時代です。
    株式や投資信託は「社会情勢」や「タイミング」が重要な投資といえます。

    一方の不動産投資は、一般的に社会情勢(為替の影響や世界経済の動向など)に左右されにくいとされます。
    そのため、長期に渡って安定的な資産形成ができる投資手法として知られています。

    毎月安定した家賃収入があることから、年金の補助として、老後の生活費の足しにする方も少なく有りません。

    そこで、不動産投資は、NISAやiDecoに加えて、分散投資のための投資としても選ばれることがあります。

    不動産投資に興味があるけど、忙しくて時間がないサラリーマン

    不動産投資では、サラリーマンであれば、大きな初期費用が無くても、投資できます。

    一方で、不動産投資は、正しく投資しないと、上手く行かないリスクがあります。
    立地・物件選び、管理方法が適切でないと、資産価値が下落します。
    更に、空室リスクが発生し、収入が入らないどころか、毎月の返済に追われることになります。

    また、お金や税金、ローンの組み方、保険の制度等に関する専門知識がないと、税金が高くなったり、途中で支払いができなくなり、借金だけを負う可能性もあります。

    そこで、グリーン・ワークホースなどの専門的な知識をもつ不動産投資会社を利用することで、将来性のある立地と物件を探すという方法があります。

    加えて、ライフステージに合わせた管理方法、ローン年数、売却計画など、自分自身に合った将来の計画を相談することができます。

    もしもに備えて家族に資産を残したいサラリーマン

    不動産投資には、もしもの場合に、家族に資産を残せるというメリットもあります。

    事故や病気など、何が起こるかわからないのが人生です。

    不動産投資でローンを組むときには「団体信用生命保険への加入」が必須です。
    この生命保険によって、万が一、死亡や特定の就業不能に陥った場合には、ローンの残債が無くなり、家賃収入を生んでくれる資産を残すことに繋がります。

    税金が高いと感じている人

    サラリーマンであれば、給与が上がっても、税金がかかるので、手取りが全然増えないということがあります。
    毎年少しずつ年収が増えていても、生活が豊かにならないと、実感されてる方も多いのではないでしょうか。

    更に、増税が増え、税金が下がる見込みがないのが日本の現状です。

    不動産投資では、必要経費によって所得を下げることで、税金を軽減出来る場合があります。

    グリーン・ワークホースの不動産投資を止めたほうがいい人は?

    グリーン・ワークホースの不動産投資が向いていないケースもあります。
    「デメリット」も交えながら解説します。

    不動産会社の知名度・情報を重視したい人

    グリーン・ワークホースは小規模な会社ということもあり、情報発信が少ない傾向です。
    社長の詳細な経歴や財務情報もありませんでした。

    そのため、不動産会社の情報不足を気にされる方は、より知名度の高い不動産会社や、社長の経歴や財務状況を開示している不動産会社を選ぶことが考えられます。

    資産形成や節税について専門家に詳しく相談したい人

    中規模以上の企業では、ファイナンスの専門家や、ファイナンシャルプランナーが多く在籍していることがあります。

    一方のグリーン・ワークホースは、設立が2016年ということもあり、社員の人数も多くはありません。

    専門家に詳しく相談したい人にとっては、ファイナンスの専門家や、ファイナンシャルプランナーが在籍している企業を選ぶことが考えられます。

    ファイナンスの専門家が在籍する不動産会社

    ファイナンスの専門家や、ファイナンシャルプランナーが多く在籍しており、資産形成や節税にまつわる、様々な書籍の出版・セミナーを開催している不動産会社には、J.P.リターンズが挙げられます。

    営業トークに載せられやすい人

    グリーン・ワークホースでは、「資料請求だけでもOK」と明記されています。

    しかしながら、しつこい営業はしないという会社方針でも、人には個人差があるので、しつこく感じる人が担当に付く可能性もあるでしょう。

    それに、不動産会社は、不動産を売ることが仕事です。
    不動産会社だけでなく、様々な業種の営業にいえることですが、営業は成約することが求められます。

    そのため、投資家(オーナー)は営業トークに載せられず、慎重に情報収集をして、判断することが求められます。
    場合によっては、断ったり、投資しないことを決断する必要があります。

    営業トークに載せられやすい人にとっては、不動産会社を利用して物件選びをしないほうがよいでしょう。

    不動産に対する興味が薄い人

    グリーン・ワークホースの不動産投資では、管理業務の代行サービスも提供しており、投資家(オーナー)は投資に専念することが可能になります。

    一方で、不動産会社にとっては、投資してもらうことが仕事です。

    そのため、投資家(オーナー)は、不動産会社の言いなりになるのではなく、不動産投資や物件自体について、自身でもよく調べる必要があります。
    不動産会社の担当者が、投資家(オーナー)にとって不利なことをしていないかどうか、提案内容や契約内容をよく吟味する必要があります。
    また、投資する物件の種類や、地域の将来性についても、調べる必要があります。

    これらの不動産に対することについて、興味・関心がもてない場合には、不動産投資を控えたほうがよいでしょう。
    あるいは、投資元本が少なく、不動産会社に全て任せられる投資として、不動産クラウドファンディングを利用することも考えられます。

    リスクを0にしたい人

    不動産投資は、ミドルリターン・ミドルリスクの投資といわれています。
    現物投資であるため、原則、資産価値がゼロになることは有りません。
    リスクについては、自分次第で、リスクをコントロールできる範囲が広いことが特徴です。

    一方で、正しい投資をしないと、元本割れのリスクもあります。
    当然、天災などの想定外のことが起こる可能性もあります。

    「リスクを完璧に0にしたい」という方にとっては、定期預金などの別の貯蓄方法が向いていると考えられます。

    直ぐに収入を得たい人

    不動産投資では、不動産会社や物件選びには、時間をかける必要があります。
    他の不動産会社と比較したり、物件をよく吟味する必要があるからです。

    また、ローンを組む場合には、銀行の審査もあるため、時間がかかります。

    直ぐに投資から収入を得たい人にとっては、審査や物件選びが不要な「クラウドファンディング投資」や、「株式やFXなどの投資」が考えられます。

    もっと利回りが高い投資をしたい人

    区分マンション投資では、マンション一棟の投資に比べて、必要な元本やリスクが少ない場合がありますが、利回りは高くない場合もあります。

    また、不動産会社に管理を任せることによって、管理費を払う必要があります。

    物件選びにおいても、利回りが不十分と感じられる方もいらっしゃると思います。

    更に高い利回りを求める方にとっては、不動産会社に頼らず、自分のコネクションで物件を探し、自分で管理会社を探すことも考えられます。

    または、株式投資などの別のリスクの高い投資を選ぶ方法もあります。

    グリーン・ワークホースの不動産投資で注意すべきこと

    「向いていいない人」で述べたデメリットを踏まえ、グリーン・ワークホースで注意すべきことをまとめました。
    投資した後でも、時々、確認することが望ましい事項になります。

    グリーン・ワークホースの評判

    現状、グリーン・ワークホースに関して、様々な評判はあります。

    投資を決めた場合にも、定期的に評判のチェックはすることが望ましいです。

    評判のチェック方法は、例えば、X(旧Twitter)で社名や社長の名前で検索することが考えられます。

    保証される契約内容(サブリース契約など)

    投資後の管理業務の契約の中では、家賃保証付きの契約を選ぶことができます。

    一方で、不動産市況の変化や、不動産会社の経営状況の変化によって、保証される家賃が減額される可能性があります。
    想定外の家賃減額を防ぐには、契約内容(家賃保証の割合や見直し時期、中途解約の規約など)をよく確認する必要があります。

    また、「建物のメンテナンス・設備交換」などの不動産価値を維持するための管理業務について、頻度や内容について、よく確認する必要があります。

    トラブルを防ぐためには、他の不動産会社の契約内容と比較することや、法律相談のサービスで専門家に事前相談することが考えられます。

    不動産市場の状況

    ファンドの投資対象である、不動産(特に住宅)を取り巻く状況について、定期的な確認が必要です。

    日本の不動産の市況が悪化すると、不動産価格にも影響が生じます。

    不動産の市況に影響を及ぼす、住宅ローンの金利の上下や、都心の人口増減についても、気に留めておく必要があります。

    市況を確認する方法として、日本経済新聞などのニュースや、国交省の情報から市況を確認する手段があります。

    不動産会社の状況

    グリーン・ワークホースの状況について定期的に確認することが望ましいでしょう。

    内部の変化は、外部からは判断しづらいですが、変化がないかどうかを知る上で、いくつか確認できるポイントがあります。
    それぞれ解説します。

    経営者が交代していないか

    中小企業にとって、社長などの経営者の交代は重要です。

    社長が交代すると、経営方針が変わることがあります。

    特に、グリーン・ワークホースは、創業者が現社長であるため、社長の交代は大きな変化です。
    社長が急に辞任したりすると、会社内部で、何かが生じている可能性があります。

    社員の人数や、求人状況に変化はないか

    採用状況は会社状況を確認する尺度になります。

    グリーン・ワークホースは中小企業のため、一時的に求人募集を停止することはあると考えられますが、数年以上にわたり、採用をストップしていると、会社規模を縮小させている可能性があります。

    なお、中小企業のわりに、求人募集する人数が「やけに多すぎないか」等、違和感があるときには注意が必要です。

    やけに大量の求人募集している場合には、何らかの理由で、「多くの退職者がでた」または「離職率が極めて高い」可能性があります。

    (補足)
    不動産業界では、普通の企業に比べて転職率は高い業界ではあるため、何も問題がなくても、求人募集を続けているケースはあります。
    また、規模を大きくするため、大量採用しているケースもあります。

    財務状況の確認

    現状、グリーン・ワークホースの財務情報は、確認できません。
    ですが、今後、確認できるかもしれません。

    簡単に確認する方法は、Googleなどで「グリーン・ワークホース 決算」と検索すると、確認できる場合があります。

    グリーン・ワークホースの不動産投資の相談前に知っておくべき情報

    グリーン・ワークホースの不動産投資の相談前に知っておくべき情報について紹介します。
    グリーン・ワークホース固有のものから、全般のものまでをまとめました。

    資料請求は無料?

    無料です。
    面談や資料請求、お問い合わせについては、費用が発生することは有りません。

    なお、申し込んだとしても、投資家の状況から、申込みを見送られることもあります。
    その場合でも、追加の費用は発生しません。

    怪しいという評判はない?

    現状、グリーン・ワークホースには様々な評判はありますが、「怪しい」という評判はありませんでした。

    グリーン・ワークホースに関しても、多くの人々がサービスを利用する中で、様々な意見や評価が存在しますので、今後、「怪しい」という評判が現れる可能性があります。

    特に、不動産投資だけでなく、ハウスメーカーや車ディラー、転職エージェント等にもいえることですが、営業は成約することが会社から求められます。
    そのため、営業によっても、対応に個人差が生じます。
    今後、「怪しい」という評判が表れた場合、営業個人によるものか、会社全体に関するものか、内容をよく吟味することが大事です。

    また、投資家(オーナー)にとっては、不動産会社の営業トークだけを聞いて決めるのではなく、慎重に判断することが大切です。

    「合わない」と感じたら、別の営業担当を紹介してもらい、それでも合わなければ、止めておいたほうが良いでしょう。

    断っても、営業電話がかかってこない?

    「しついこい営業はしない」とはされています。

    ただし、グリーン・ワークホースに関わらず、営業には個人差がありますので、断っても営業電話がかかってくる可能性はゼロではないでしょう。
    大手の会社であっても、断ったことが情報連携されておらず、営業電話がかかってくることがあります。

    そういうときには着信拒否をすれば、二度と電話がかかってくることは無くなります。

    心配な方は、SIMフリーの仮の電話番号を取得したり、IP電話を利用するのも一つです。

    投資は副業?

    副業は明確な定義はありませんが、総務省は「副業」について「主な仕事以外に就平成29年就業構造基本調査 用語の解説いている仕事」と定義しています。
    不動産投資は資産形成であり、仕事ではないため、通常、副業には当たりません。

    平成29年就業構造基本調査 用語の解説

    投資していると会社にバレる?

    副業でもなく、会社に申告は不要ですので、会社にバレることはありません。

    バレる可能性としては、不動産からの収入を得て、確定申告をした後、収入に応じて住民税が発生するため、住民税が高額になると、「何らかの収入を得ている」ことが会社の経理に認識される可能性があります。

    確定申告の際に住民税の徴収方法を選択しますが、「特別徴収」を選ぶと、会社に住民税額の通知が入ります。

    収入があることを会社に知られたくない場合には、確定申告時の際には、住民税の徴収方法で「普通徴収」を選択する必要があります

    グリーン・ワークホースの不動産投資の資料請求の方法

    [PR]

    資料請求には、「資料請求/お問い合わせフォーム」から、名前・メールアドレス等を入力することで、資料請求することができます。

    詳細は、「グリーン・ワークホースの不動産投資」からご確認ください。

    注釈

    1. Google
      https://www.google.com/maps/place/J.P.%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%88%B1/@35.6790252,139.7604899,17z/data=!3m1!4b1!4m6!3m5!1s0x60188b897702775f:0xee8519310cdca198!8m2!3d35.6790209!4d139.7630648!16s%2Fg%2F11rk6_v5v9?entry=ttu ↩︎
    2. ライトハウス
      https://en-hyouban.com/company/10201517050/ ↩︎
    3. ライトハウス
      https://en-hyouban.com/company/10201517050/ ↩︎
    4. ライトハウス
      https://en-hyouban.com/company/10201517050/ ↩︎
    5. Type
      https://type.jp/job-5/1314111_detail/ ↩︎
    6. 一般財団法人 日本児童養護施設財団
      https://leavehome.org/report/5689/ ↩︎
    7. Type
      https://type.jp/job-5/1314111_detail/ ↩︎
    8. Type
      https://type.jp/job-5/1314111_detail/ ↩︎
    9. エン転職
      https://employment.en-japan.com/desc_1199445/ ↩︎
    10. Type
      https://type.jp/job-5/1314111_detail/ ↩︎
    11. エン転職
      https://employment.en-japan.com/desc_1199445 ↩︎
    目次