市場の矛盾を利用して莫大な利益 ジョージ・ソロスの投資手法と格言 – 株式投資

    ハンガリー出身の投資家である「ジョージ・ソロス氏」は、ウォーレン・バフェット氏、ジム・ロジャーズ氏と並んで「世界三大投資家」の一人として知られています。

    ジョージ・ソロス氏は、しばしば「投機と慈善」という対称的な2つのキーワードを併せ持つ投資家といわれます。

    具体的には、
    ・ポンド相場が高止まりしていることに目をつけ、強烈な英ポンドの空売りを仕掛け、10億ドル~20億ドルもの利益を得る
    ・慈善団体「オープンソサエティー財団」を立ち上げ、2017年には2兆円近い資金を移管し、難民支援や人権問題などの活動を支援している
    という2つの側面がさらに人々を魅きつけている理由にほかなりません。

    英ポンドの空売りから「イングランド銀行を潰した男」と呼ばれます。
    時には冷酷な手法でお金を稼ぎながらも、「国家なき政治家」として慈善活動に取り組んでいます。

    そのジョージ・ソロス氏の生涯や投資手法について本記事では解説していきます。

    目次

    ジョージ・ソロス氏の生涯​

    george_soros

    出典:BBC News

    ナチス・ドイツの占領下で生活

    ジョージ・ソロス氏はハンガリー出身のユダヤ人として父ティバダールと母エルジェーベトの次男として誕生しました。

    当時は、ナチスドイツに占領されていた時代でした。
    ユダヤ人であったソロス一家は、反ユダヤ主義やファシズムから逃れるために苦心します。
    一家は名前を変える等、苦心しながら、占領下で生き延びました。

    ジョージ・ソロス氏は、自分の家族だけでなく、周囲の人たちも助けた父ティバダールの影響を強く受けていたといいます。

    鉄道のポーターとウェイターとして働く

    第二次大戦が終わり、ハンガリーはナチスドイツから開放されますが、実質的にソ連ニ支配されます。

    ソ連軍による虐殺行為を目の当たりにした、ジョージ・ソロス氏は、17歳のときにイギリスへと渡ります。

    ジョージ・ソロス氏はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)に入学することができました。
    しかし、学費も生活費も自分で稼がなければならない状況です。
    そこで、鉄道のポーターとウェイターとしても働きました。

    苦学生活を過ごしながら、何とか大学を卒業します。
    1951年に哲学の理学士号、1954年に哲学の修士号、哲学博士号を取得しました。

    莫大な利益を稼いだ投資家

    ョージ・ソロス氏は卒業後、いくつか職を転々とします。
    そして「投資家になること」を決意し、ウォール街を目指してアメリカへと渡ります。

    1969年、ヘッジファンド会社であるダブルイーグルを設立し、1970年にはソロスファンドマネジメントを設立しました。

    1973年には、ダブルイーグルはクアンタムファンドに改名され、ジム・ロジャーズ氏とパートナーシップで資金を提供します。

    ジョージ・ソロス氏の活動で、特に有名な時代は、このクォンタム・ファンドでのマネージャー時代でしょう。

    クアンタムファンドは、1,200万ドルの資金運用から始まりました。
    それが、2011年の時点で4000倍以上の250億ドルとなります。

    「ヘッジファンド」という言葉が世に広まったのは、ジョージ・ソロス氏とジム・ロジャーズ氏が立ち上げたこのクォンタム・ファンドといわれています。

    イングランド銀行を叩き潰した男

    1992年にイギリスで通貨危機が起こります。
    ジョージ・ソロス氏は、100億ドル相当の英ポンドを売り、10億ドルの利益を上げます。
    この行為から、「イングランド銀行を叩き潰した男」として知られています。

    ジョージ・ソロス氏は投資家としての一面のほか、慈善活動家としても知られています。
    1979年から2011年にかけて、110億ドル以上を慈善活動に寄付しています。
    アパルトヘイトの下では南アフリカの黒人への奨学金、冷戦時の西側諸国への学術訪問などを支援しました。

    ジョージ・ソロス氏の投資手法と実績

    image

    ジョージ・ソロスの投資手法として特徴的な手法は、「グローバル・マクロ戦略」と「再帰性理論」です。
    それぞれの手法について解説していきます。

    グローバル・マクロ戦略

    グローバル・マクロ戦略とは、マクロ経済の視点から世界経済を俯瞰して、為替やコモディティ、株式、債券などの世界中のあらゆる金融商品を売買することです。

    大規模な資金を運用できるヘッジファンドだけが、グローバル・マクロ戦略で投資することができ、「何でもあり」の手法と言われています。

    「イギリスの通貨危機」で儲けたときの投資手法には、グローバル・マクロ戦略を採用しています。

    資金を借り入れて、レバレッジを利かせ、大量の資金を投入することで、ポンド安を引き起こし、イングランド銀行を打ち負かしています。


    再帰性理論

    再帰性理論は、ジョージ・ソロスの投資哲学とでもいうべきものです。
    「私は嘘つきである」という「自己言及のパラドックス」などで、「再帰性」という言葉が知られています。

    「株式投資における再帰性」とは、ある会社の商品が好評で株価が上がると、さらに人々はその商品を買うことになり、企業の業績が改善し、さらに株価が上昇するというループ現象のことを指します。
    この現象は、コントロールが難しく、一度発生すると再帰的なループを繰り返しながらバブルを生みだします。

    やがて、そのループは、最後には株価と実際の企業価値の乖離に耐えられなくなり、バブルが弾けて終焉を迎えます。

    ジョージ・ソロス氏は、再帰的なループ現象が起こっている銘柄に目をつけ、投資を行いました。
    イングランド銀行を潰したポンド売りも、この再帰性理論に則った投資手法で、勝ちを納めたといえます。

    (以下、PRを含みます)

    ジョージ・ソロス氏の投資の格言

    ここからはジョージ・ソロス氏の格言を紹介します。

    • 科学的な方法は、物事をそのまま理解しようとするが、錬金術は望ましい状況をもたらすことを目指します。
      言い換えれば、科学の主な目的は真実、錬金術の目的は運用上の成功である。

    • 抽象的なレベルでは、私は自分の誤りを避けれないという信念を、精巧な哲学の礎石に変えた。
      個人的なレベルでは、私は自分自身と他人の欠陥を探す非常に批判的な人である。

    • 市場は実際の動向を予測するのにどれほど優れているか?
      私が予想した多くの災難​​が実際に実現しなかったことは驚くべきだ。

    • 価値観は、自己の概念と密接に関連している。
      私たちが考えることは、私たちの周りの世界よりも、私たちが何であるかにはるかに大きな影響を及ぼす。
      私たちが何であるかと、私たちが実際に何であるかとの関係は、幸福への鍵です。言い換えれば、それは人生の主観的な意味を提供する。

    ジョージ・ソロス氏を詳しく知る方法​

    ジョージ・ソロス氏について更に深く知るための書籍を紹介します。

    書籍:バフェットとソロス勝利の投資学

    ソロス氏と、ウォーレン・バフェット氏の投資手法は対照的だといわれています。
    本書籍では、この異なる投資手法と、共通点を解説しています。

    書籍:マンガでわかる ジョージ・ソロスの投資術

    ソロス氏の投資術や投資哲学について、漫画でわかりやすく解説された書籍です。
    わかりやすく彼の人生や教訓、投資経験を知ることができます。


    まとめ​

    ジョージソロス氏は、投資家というよりも哲学者になりたかった人物でした。

    自らの思考実験を試す場として金融市場を選択し、多くの富を得ていることが、よく知られているとおりです。
    数々の伝説を打ち立ててきた、この稀代の投資家の投資手法や哲学は、非常に参考になります。

    ジョージ・ソロス氏は90歳以上となっても、新型コロナウイルスへの警鐘など、世界に向けて積極的に発信し続けています。

    参考資料

    • マイケル・T・カウフマン『ソロス』
    • ザイFX!編集部『ポンド危機:中央銀行がヘッジファンドに敗れポンドが暴落した「ブラックウェンズデー」』 ZAI FX
      https://zai.diamond.jp/articles/-/194183
    • Juliet Chung and Anupreeta Das『ソロス氏、2兆円を慈善団体に移管 ゲイツ財団に次ぐ規模か』 ウォールストリートジャーナル
      https://jp.wsj.com/articles/SB11376049335933583290404583459670049302096
    • インベスターZに学ぶ!投資の最強鉄則 集中講義『16時間目 世界最強の頭脳集団ヘッジファンド(後編)』
      https://shuchukougi.corkagency.com/016
    • 野村證券『グローバル・マクロ運用(ぐろーばる・まくろうんよう)』
      https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ku/A02316.html
    • ENRICH『ジョージソロスに学ぶ経済観 <後編>』
      https://www.enrich.jp/money/stockinvest/18985
    目次