イングランド銀行を潰した男 ジョージ・ソロス


世界の投資家やリーダーの思想や理念  -  イングランド銀行を潰した男 ジョージ・ソロス

 


 

 

  • 「世界三大投資家」の一人として、歴史上最も成功した投資家の1人として知られている
  • ポンド危機のとき、強烈な空売りにより、「イングランド銀行を潰した男」と言われる
  • 残酷な手法でお金を稼ぎながらも、「国家なき政治家」として慈善活動に取り組む

 

ハンガリー出身の投資家、ジョージ・ソロスはウォーレン・バフェットジム・ロジャーズと並んで「世界三大投資家」の一人として知られています。
ジョージ・ソロスはしばしば「投機と慈善」という対称的な2つのキーワードでもって紹介されることが多いです。
具体的には
・ ポンド相場が高止まりしていることに目をつけ、強烈な英ポンドの空売りを仕掛け、10億ドル~20億ドルもの利益を得るなど、投機家としての一面を持つ
・ 慈善団体「オープンソサエティー財団」を立ち上げ、2017年には2兆円近い資金を移管。難民支援や人権問題などの活動を支援している
という2つの側面がさらに人々を魅きつけている理由にほかなりません。
「イングランド銀行を潰した男」として時には残酷な手法でお金を稼ぎながらも、「国家なき政治家」として慈善活動に取り組むジョージ・ソロスの生涯や投資手法について本記事では解説していきます。

 

ジョージ・ソロス氏とは - 略歴 -

ジョージ・ソロスはハンガリー出身のユダヤ人として父ティバダールと母エルジェーベトの次男として誕生しました。
ユダヤ人であったソロス一家は、反ユダヤ主義やファシズムから逃れるために名前を変えるなどしながら生き延びてきました。
自分の家族だけでなく、周囲の人たちも助けた父ティバダールの影響を強く受けていたといいます。
ソ連軍による虐殺を目の当たりにしたジョージ・ソロスはイギリスへと渡りロンドン・スクールオブエコノミクス(LSE)に入学。
学費も生活費も自分で稼がなければならず苦学生活を送りながら何とか大学を卒業します。
卒業後はいくつか職を転々としながら投資家になろうと決意しウォール街を目指してアメリカへと渡ります。
投資家としてのジョージソロスの活動で有名なのは、ジム・ロジャーズと立ち上げたクォンタム・ファンドでのマネージャー時代でしょう。
ヘッジファンドという言葉が世に広まったのはジョージ・ソロスとジム・ロジャーズが立ち上げたこのクォンタム・ファンドからだと言われています。

生い立ち・経歴

    • ハンガリーで生まれ、ナチスドイツに占領された時代を過ごす
    • 17歳で彼は国を去り、1947年にイギリスへ移住する。
    • ロンドン大学のロンドンスクールオブエコノミクスに通い、鉄道のポーターとウェイターとして働く
    • 1951年に哲学の理学士号、1954年に哲学の修士号、哲学博士号を取得
    • 1954年から1963年まで、アメリカのマーチャントバンクなどで働く。
    • 1963年から1973年、アーンホールド S.ブライローダーのヴァイスプレジデントとして働く
    • 1969年、ヘッジファンド会社であるダブルイーグルを設立し、1970年にはソロスファンドマネジメントを設立する
    • 1973年、ダブルイーグルはクアンタムファンドに改名され、とパートナーシップで資金を提供する。
    • クアンタムファンドは1,200万ドルの資金運用からはじまり、2011年の時点で250億ドルとなる。
    • 1992年、イギリス通貨危機の際に100億ドル相当の英ポンドを売り、10億ドルの利益を上げ、「イングランド銀行を叩き潰した男」として知られる
    • 1979年から2011年にかけ、110億ドル以上を慈善活動に寄付する
    • アパルトヘイトの下で南アフリカの黒人への奨学金や、冷戦時の西側諸国への学術訪問などを支援
    • 2020年には83億ドルの純資産をもつ
    • オープンソサエティ基金に32億ドル以上を寄付

 

ジョージ・ソロス氏の名言・格言

ジョージ・ソロス氏の特徴的な格言や名言を紹介します。
一つ一つの言葉からはジョージ・ソロス氏の理念や考え方、大事にしていることを知る手掛かりになります。

  • 私の主張は,市場の評価は常に歪んでおり、その歪みが基本的価値に影響を与えているということである
  • あらゆる矛盾は一度極限まで行く
  • 価値観は、自己の概念と密接に関連している。
    私たちが考えることは、私たちの周りの世界よりも、私たちが何であるかにはるかに大きな影響を及ぼす。
    私たちが何であるかと、私たちが実際に何であるかとの関係は、幸福への鍵です。言い換えれば、それは人生の主観的な意味を提供する。
更に名言を見る
 

ジョージ・ソロスを一躍有名にしたのは、1992年のポンド危機であるといわれています。
ユーロがまだ導入されていない時代、各国の為替レートの変動を抑える欧州為替相場メカニズム(ERM)にヨーロッパの各国が参加しており、イギリスも1990年に参加を表明。
そしてこの欧州為替相場メカニズム(ERM)は、実質的なヨーロッパ経済の中心であるドイツの水準に合わせなくてはいけませんでした。
しかし当時のイギリスは景気が悪く、成長率が0%でありながらも、ERMの縛りのために金利を下げることができません。
景気が悪いにも関わらず、高い政策金利を維持している市場の歪みに着目したジョージ・ソロスは100億ドル規模でポンドの空売りを仕掛けます。
世界中の投資家もジョージ・ソロスに続いて空売りを仕掛け、ポンドはあっという間に下落。
イギリス当局も2度の利上げなどでポンドを買い支えようとしたものの、結局ERMの離脱を選択したことで敗北を喫しました。
その結果、ジョージ・ソロスは10億ドル近くの利益を得ることになり一躍世界中のその名を轟かせることになったのです。
ブラ

 

ジョージ・ソロス氏の投資手法と実績評価

グローバル・マクロ戦略

グローバル・マクロ戦略とは、マクロ経済の視点から世界経済を俯瞰し、為替やコモディティ、株式、債券などの世界中のあらゆる金融商品を売買します。
大規模な資金を運用できるヘッジファンドだけがグローバル・マクロ戦略を採ることができ、「何でもあり」の手法と言われています。
1992年のポンド危機の時もジョージ・ソロスはグローバル・マクロ戦略を採用。
資金を借り入れ、レバレッジを利かせ大量の資金を投入することでポンド安を引き起こしイングランド銀行を打ち負かしています。

再帰性理論

再帰性理論は、手法というよりジョージ・ソロスの投資哲学とでもいうべきもの。
「私は嘘つきである」という自己言及のパラドックスなどで再帰性という言葉はよく知られています。
株式投資における再帰性とは、ある会社の商品が好評で株価が上がるとさらに人々はその商品を買うことになり、企業の業績が改善し、さらに株価が上昇するというループ現象のことを指します。
この現象はコントロールが難しく、一度発生すると再帰的なループを繰り返しながらバブルを生みだします。
やがて最後には株価と実際の企業価値の乖離に耐えられなくなりバブルが弾けて終焉を迎えます。
ジョージ・ソロスは再帰的なループ現象が起こっている銘柄に目をつけ、投資を行いました。
イングランド銀行を潰したポンド売りも、この再帰性理論に則った投資手法で勝ちを納めています。

 

ジョージ・ソロス氏の関連書籍


※上記画像はamazonのリンクです。まれに若干異なるリンクが表示される場合があります

 

講演動画や関連動画

ジョージ・ソロス氏の関連動画を紹介します。
ジョージ・ソロス氏の生き方や考え方について、より深く知るために参考になる動画です。

インタビュー 『金融危機と社会の再構成について』 2018年


動画配信元:World Economic Forum 
更に関連動画を見る
 

 

まとめ・補足

ジョージソロスは投資家というよりも哲学者になりたかった人物でした。
自らの思考実験を試す場として金融市場を選択し、多くの富を得ていることはよく知られているとおりです。
2020年現在、御年90となった今でもジョージ・ソロスは新型コロナウイルスへの警鐘など、世界に向けて積極的に発信し続けています。
数々の伝説を打ち立ててきたこの稀代の投資家の投資手法や哲学を、ぜひ取り入れてマーケットに参入してみることをおすすめします。

 




世界の投資家やリーダーの思想や理念  -  イングランド銀行を潰した男 ジョージ・ソロス